Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジが使い放題!楽天プレミアムカードめっちゃ便利。


プライオリティ・パスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2014年3月27日木曜日

【フィリピン初心者必見】財布を無くした時にやるべきことと、警察署でポリスレポートをもらう方法、公証人に紛失証明書を作ってもらう方法

     

一昨日ゴルフシューズを買った後に、財布をなくした私に愛の...じゃなくてクリックを!
http://overseas.blogmura.com/philippine/
(ブログランキング)


というわけで財布をなくしたんですけど、昨日最後に財布を見た場所に行ったけどなかったので、もうどこにあるのかわかりません。





買った後、閑散としたショッピングモールを抜けてすぐタクシーに乗ったので(タクシー代は小銭用の財布で払った)、スられようがないしなぁ。

財布の中にあったものは

・JALのクレジットカード(日本)
・ANAのクレジットカード(日本)
・BDOのクレジットカード(フィリピン)
・BDOのATMカード(フィリピン)
・みずほ銀行のキャッシュカード(日本)
・外国人登録証(日本)
・免許(日本)
・正式な社員証が作られるまでの仮の社員証
・5,000PHP

財布自体はBVLGARIの…5万円くらい?7年前にグアムの免税で買ったもの。
普段、カードも現金もこんなに入れてないんですけど、カード類は「日本出張行く際のフル装備のままだった」、現金は「ゴルフシューズ買うのにこれくらい必要かな」。

は〜〜〜〜

さやーん(タガログ語で「後悔」とか「残念」とかそういう意味)

という訳で…

フィリピンで財布を無くした時にやるべきこと




1. クレジットカードを止める→再発行してもらう
→まぁ当たり前ですね。
不正利用された場合、紛失の証明が必要なので、必ず警察署でポリスレポートもらって、と言われました。

2. 銀行のカードを止める→再発行してもらう
→BDOは、窓口に行って止めてもらいました。
こちらでも、警察署でポリスレポートもらって、と言われました。

3. 警察署でポリスレポートを出してもらう
→これが意外とやっかいでした。

という訳で!むしろここからが本題!!

警察署でのポリスレポートのもらい方


行ってきました。警察署。

会社から徒歩10分くらい。
RCBCから見て対角線上の交差点にある消防署の北側にあるよ。
よいこのみんなはくれぐれもお世話にならないように。


「昨日、たぶんSM AURAで財布をなくしたからポリスレポートが欲しいの」と言ったら、「SM AURAね〜フォートでしょ〜タギグ市なんだよね〜悪いんだけどあっちの警察署行ってくれないかな〜〜〜」

マジか!

フォート遠いなぁ〜
仕事中だからいけないしなぁ〜
カード止めたいから早くしたいのになぁ〜(ホントは先に止めてる)

ダダをこねたら交渉したら、

「いいこと思いついた。マカティ市でなくしたことにすればいいんだよ。君の家は?マカティ市?それなら『家に着いたら財布がなかった、どこでなくしたかわからない』ってことじゃん?ディバ?(ドヤッ」


フィリピン流の前向きな解釈!!


という訳で、必要書類を埋めました。裏面に「失くした時の状況」を書く欄があって、「家に着いたら財布がなかった」と書きました。


ウソは書いていない。

そしたら今度は…

「アブダビドボスに行ってきて」

はぁ?アブダビ?UAE?

「それ何?名詞?動詞?英語?タガログ語?」「あの信号の手前にある」「消防署のこと?」「違う違う」「じゃぁどこ?」「だーかーらー、信号の手前」「…」「…」「ちなみに何しに行くの?」「ノータリー」「のーたりん?」「イエスイエス」「…」

全然わからない。この時点でiPhoneはバッテリー切れてて「アブダビドボス」も「のーたりー」も調べようがない。
もはや「三歳児の初めてのおつかい」。

「アブダビドボス、ノータリー」とぶつぶつ唱えながら言われた方面に向かい、その辺にいたガードマンに「アブダビドボス、ノータリー」と呪文を唱えたら、なんと。

「オレだよ!オレオレ!!」

警察署で書いた書類を見せて「アブダビドボス、ノータリー」と唱えたら、「おっけーらんぽ。おねえちゃん、この椅子に座って待ってな。作ってやっから」と250PHP要求され、なんとなく何かをくれる気がしたので素直に250PHP渡した。

んでもらったのがこれ。欄は、指示されるがままに書いた。

住所とサインは念のため伏せておいた。


去り際に言われた。
「さっきの写真、Facebookにアップしてくれよな!」

もちろん!
ブログに書いて世界中に発信するよ!

このアブダビドボスでなく、Affidavit of Loss、つまり「紛失証明書」かな。ヨウは、「紛失したことを公的に証明する文書」があって初めて、警察署でレポートをくれる仕組みなのね〜。勉強になったわ〜。ノータリーはnotaryで「公証人」の意味。


今後財布を失くすかもしれないそこのアナタのために、警察署とノータリーの位置関係も。
赤いピン(実際はもうちょい上)がノータリーさんがいる場所です。





そして警察署に戻り…

ポリスレポートの作成にとりかかってもらう…

ヒマなので「手錠って英語でなんて言うの?」「ハンドカフ(handcuffs)。ほら」と見せてもらったり…

「ツインブレスレットとも言うんだぜ(ドヤッ」

おねえさん、独身なのー?35歳ー?信じらんねー!オレ、ストーカーになってもいい?ボディガードやってあげるよ?と国家権力をカサに脅され…てはないけど、住所電話番号が相手にバレてるから正直気持ち悪い…


無駄口はいいから早く作ってぽ!!


まぁ何はともあれ無事、ポリスレポートが出来上がりました。




カードは不正利用の履歴がないので、これが今後役に立つ可能性はあまりないと思ってるんだけど、唯一あるとしたら、「外国人登録証/免許証の紛失証明」になるかな。

すっかり後回しになっていたけど、明日日本大使館に電話してみよう。


という訳で、フィリピンで財布を無くした時にやるべきことと、警察署でのポリスレポートのもらい方、紛失証明書のもらい方でした。

くれぐれも皆さんが警察のお世話にはなりませんことをお祈り申し上げます…
あと持ち物には気をつけてね!




ご覧いただきありがとうございます♡
ぜひ定期購読もお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive