Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2013年12月10日火曜日

安藤醸造のしろだしで、豚肉と白菜のスープを作った



久々に戻った日本で、久々に誰かの手料理を食べて感動したので、自分でも作ってみよう案件第一弾です。
ちなみに料理は得意じゃありません。基本的に何か作る時はクックパッド先生頼みです。もしくは誰かから教えてもらったレシピ。

今回は、影◯さん宅でひつじさんが作ってくれたスープ。
ものすごくやさしい味で(ひつじさんの手料理は、「やさしい」という形容詞がものすごくしっくりくる味なのです。特にお酒飲んだあとの疲れた胃とかに)、「これどうやって作るんですか!」と聞いてその場で覚えたもの。



なんでも、「アンドージョーゾー」というところの白だしを使っているとか。




「安藤醸造」でした。
秋田・角館 創業は嘉永6年だそうです。嘉永6年っていつだろう…



それこそ、今流行りの「ノータイムポチリ」で買いました。
ぜひ皆さんも。他にもおいしそうなものがたくさんあります。


ちなみにAmazonでは売ってなくて、唯一あったのはこんな本。

創業嘉永六年 安藤醸造の味噌・醤油のレシピ


普通、海外生活と言ったらローカルフードを作ったりするかもしれませんが…私は今更ながら日本で食べ慣れた味を作るのに一生懸命になりそうです。

フィリピンでは、しょうゆも味噌も、キッコーマンのようなメジャーなものは買えるけど、こういうこだわりのある品とかはなかなか手に入りません。
次にまた日本に行く機会があったらまた買ってこようと思います。




ご覧いただきありがとうございます♡
何かの参考になりましたら、ぜひシェア・フォローお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive