Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジが使い放題!楽天プレミアムカードめっちゃ便利。


プライオリティ・パスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2014年10月23日木曜日

マニラのUBERがピンチ!おとり捜査でドライバーに20万ペソの罰金と車押収

     




噂を聞いてから数ヶ月なんともなかったんで、「フィリピンは大丈夫かな〜」と思っていましたがそうでもないようです。


No franchise: Uber falls in LTFRB sting operation
[Op. Ed] LTFRB, You’re Making Our Lives Miserable by Shutting Down Uber
MMDA asks LTFRB to spare Uber commuters


ざっくり説明するとフィリピンのUBERはピンチって話で、もう少し噛み砕くと、「フィリピンの運輸省みたいなところがUBERを潰そうとしているけどマニラの都市開発局はそれに反対している」って話のようです。

要点だけ訳すと…


※※※※※※※※
LTFRB(陸上交通許認可規制委員会)とLTO(陸運局)は、
運輸通信省(DOTC:Department of Transportation and Communications)の一組織って感じでしょうか。よーわからん。
MMDAはMetro Manila Development Authorityの略で、マニラ首都圏開発局。
※※※※※※※※


1つ目:No franchise: Uber falls in LTFRB sting operation

Uberと業務提携しているパートナーが、LTFRBのおとり捜査にひっかかった。
公共の車としてのフランチャイズ権がないという理由で、パートナー企業の創業者が20万ペソの罰金を科された。
LTFRBの役員がインタビューに応じ、「セダンなら12万ペソ、大きな車なら20万ペソを科すことができる」と言っている。車両は3ヶ月間押収。TripidやGrabcarのようなサービスも今後同様の措置を講ずるとのこと。
専務取締役のロベルト・カブレラは、「フランチャイズのオーナーに公平にしているだけ」と話している。

UBERのフィリピンチームは、次のように語っている。
「パートナーの一人が、ローカルメディアと協力したLTFRBによっておとり捜査に引っかかりました。これは不公平な出来事です。私たちがあなた、 − あなただけでなく世界中の220以上の都市にいるパートナー − に約束しているように、私たちはあなたをサポートして、この事件の素早い解決方法を探しています。
(略)」

MMDAは、LTFRBに「なんとかしろよ」と伝えている。
(略)


2つ目:[Op. Ed] LTFRB, You’re Making Our Lives Miserable by Shutting Down Uber


「これは戦争だ」

LTFRBが、UBERの車に20万ペソの罰金を科し、UBERとして使われている車両は陸運局LTO:Land Transportation Officeで3ヶ月間預かるというニュースが飛び込んできた。

これはタクシー業界によるロビー活動の影響と見られ、LTFRBの視野の狭さと古い考え方を表している。


「タクシーで2回もパクられた」

ほとんどの人が、フィリピンのタクシーで嫌な思いをしたかまたはそういう経験のある人の話を聞いたことがあるだろう。
私は2回もある。1回目は、子どもにドアを開けられて(ロックをしていなかった)iPhoneをパクられた。2回目は、急に人にタクシーに入られナイフを突きつけられ「バッグを出せ」と言われた。(運転手は私を置いたまま逃げた) 妻や彼女の同僚は、FX(乗り合いバスのような)に乗っている最中にナイフを向けられたし、妹も似たようなことを経験している。それ以来私は、タクシーにかなり気をつけるようになり、妻が公共交通機関に乗らなくてもいいように、二人目のドライバーを雇おうと思った。


「UBERは神様からの贈り物」

UBERは、安全で綺麗でとても便利という評判を世界中で得ている。フィリピンのタクシーとは大違いだ。私はUBERを頻繁に使うし、友人や同僚でUBERをしょっちゅう使う人をたくさん知っている。だから、通勤や旅をする人々を守ってくれ、生活をとてもよくしてくれるサービスを閉じようとしているLTFRBはほんとにクソだ。
LTFRBがUBERを終わらせようとすることは、将来のテクノロジー起業家や会社を大昔に戻してしまうという危険信号だ。UBERのお客さんの安全よりもタクシー業界を大事にしているということだろう。
LTFRBには、彼らの決定と、そばにいる人々のことについて、ぜひとも再考していただきたい。

Unboxチームは、上院議員、連邦議会員、そしてIMMAPやDCOMなどの様々な組織に、LTFRBの措置について検討するよう働きかけている。

中流層は、すでにUBERにハマっている。私たちは、UBERがまた戻ってくることを強く祈っている。


3つ目:MMDA asks LTFRB to spare Uber commuters

MMDAはLTFRBに対し、ポピュラーなライドシェアリングサービスであるUBERを使っている通勤車に配慮せよと伝えた。
(略)
MMDAは、「LTFRBは、タクシー業界によるUBERへの苦情を受けたフリをしている」という声明文を公開した。
(大幅に略)


はー、脳みそめっちゃ使って疲れちゃった。
ものすごく適当です。誤訳などはズバズバご指摘ください。



ちなみに…UBER、普通に稼働しています。さぁみんなで使ってみよう。

アプリ名:UBER
ダウンロード:iOS版Android版
対応地域:ピックアップしてもらえるのはマカティ・フォートのみ
プロモーションコード:割引コードumf8mで300PHP引きになりますよ〜ヾ(*´∀`*)ノ
いつでもすぐ使えるようにアプリをダウンロード・会員登録しておいて、ついでにこのコードを入れとくといいと思います!!!



Uber関連記事

タクシーとの面倒におさらば!マニラで「Uber」を試してみた。割引コードumf8mで300PHP引きになるよ!
Uberのドライバーに突撃取材してみた
UberでNAIA-T3から会社に戻ったら1400ペソかかった(普通のタクシーなら150PHP程度)
Uberにぼったくられた。いくらUberでも途上国での過信は禁物なのかもしれない。

・そんなUberだけど、ここから登録したら初回利用時に300ペソ(日本だったら2000円?)のチャージがもらえます。




応援クリックもよろしくお願いします☆
http://overseas.blogmura.com/philippine/


ご覧いただきありがとうございます♡ ぜひ定期購読もお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive