再現性にこだわった英語レシピを販売中!100以上あるレシピが今だけ2000円!





@suniです。マレーシアで、住み込みのフィリピン人メイドを雇って家事と育児を手伝ってもらっています。


2018年5月から夫と二人で作っていた、
『我が家のフィリピン人メイドのために作業工程をとても細かくわかりやすく分解して書いた英語レシピ』


が、とうとう100を超えました。



レシピを書き始めたキッカケは、
「我が家のメイドはいつかフィリピンに帰る。別のメイドを雇うことになったときに、ゼロから料理を教えるのはめんどくさい。でも、誰でも簡単に作れるレシピを書いておけば、メイドが別の人に入れ替わっても味がぶれないはず!」と思ったからです。



なので、「料理をあまりやらない人」「日本の家庭料理に馴染みのない人」でも、「日本の家庭でよく出てくるような料理」を簡単につくれるような工夫を凝らしています。ざっくり言うと、「塩を少々」「しばらく煮る」というような書き方はやめて「重さ」「弱火で◯分煮る」と誰でもわかるように書くようにしています。


つまり、「再現性」にこだわっています。
そのあたりの話はこちらに詳しく書きました。


住み込みのフィリピン人メイドに美味しい日本食を作ってもらうための再現性の高いレシピの書き方


国によって野菜の大きさも違うので、最近は、野菜も『かぼちゃを1/4』などではなく「かぼちゃ200g」と重さを書くようにしはじめました。
(古いレシピはまだ個数で記載していることもあります)。



https://www.instagram.com/suni/
メイドに作ってもらった料理の写真は
Instaにアップしています。


半分悩みみたいなモンなんですけどね、日本のレシピ本やレシピサイトによくあるハイコンテクストなレシピ(例:塩を少々、など)だと、味がブレるんですよ。

っていうか料理をあまりやらない私みたいな人って、そういう記載がめっちゃ苦手なんです。
「あなたの少々ってどれくらい???」と。

また、野菜も「かぼちゃを1/4」とかって、日本のかぼちゃとフィリピンのかぼちゃとマレーシアのかぼちゃってみんなサイズが違うんです。マジで困ります。私ですらこんなんなのに、メイドに「塩を少々」だなんて通じると思います?いや、通じはするんでしょうけど、完成品のクオリティは毎回ブレると思うんです。


おっと、話が逸れました。


で、この我が家の英語レシピなんですけれども、
こういう試みがおかげさまでチラホラと口コミで広がり、
友人向けに1週間限定でテスト販売させていただいたら、
あっという間に20名以上の方に購入いただき、ご好評をいただきました。


ありがとうございます😊


そこで!
前置きが長くなりましたが!

販売終了後もチラホラとご要望をいただいたので、
期間限定ではなく、今後もずっと販売することにしました。


お値段は、


「今だけ2000円」


です。
(単純計算で、1レシピ20円です)


一度ご購入いただくと、私からレシピ一覧表(Google Spreadsheet)をシェアさせていただくことになるんですけれども、我が家の新しいレシピがそこにどんどん追加されるので、一度購入いただければ今後増えていくレシピもご覧いただけるようになっています。


※なので、直近は離乳食後期、完了期のものが多かったですが、いずれ幼児食のレシピも増えていくと思われます。

※レシピの数が増えたら値上げするかもしれません。

■納品形式について

レシピの一覧表(Google Spreadsheet)のリンクを共有させていただきます。

こういう感じです。




レシピはすべて、ここの表からご覧いただける形になっています。
また、豚、鶏、野菜、などでフィルターできるようになっています。


レシピのイメージはこちら。

とんかつのレシピ


どんなレシピがあるのかはこちら。

2019年3月1日現在の英語レシピ


各レシピに「各工程の写真」も掲載するよう努力しています。
こんな感じです。



英語化も大事ですが、こういう感じで「ビジュアル」で伝える工夫もしています。

(各工程ごとに写真を撮るのが何気に大変で…工程によっては都度手を洗わなきゃいけなかったりで…)


なので、「一口大に切った玉ねぎをしばらく茹でる」みたいなハイコンテクストなレシピと比べると、「わかりやすさ」「再現性」にものすごくこだわっているのはおわかりいただけるかと思います。


とはいえ、我々はただの一般人なので、凝ったレシピはありません。
味は「私と夫が美味しいと思う味付け」になっています。
私に盛りつけのセンスがないので、お皿への盛り付け方法は一切書いていません。



そんなレシピを、このたび2000円で販売させていただくことにした次第です。


■決済手段

次の3点のうちのどれかからお選びください。
Amazonギフト券とPaypalは、下記のリンクをご覧いただいたら私に一報せずともご購入いただけるので、購入後に私のFacebookメッセンジャーにご連絡いただければOKです。

銀行振込は、振込先は記載していないので、とりあえず私のFacebookメッセンジャーにご連絡ください。

Amazonギフト券:メールタイプ
Paypal(決済手数料はお客様負担)
銀行振込(振込手数料はお客様負担)


他にも何か購入方法でご不明な点がありましたら、遠慮なくFacebookでご連絡ください
レシピ本の代金は2000円ですが、Paypalの場合は決済手数料込のお値段2128円をお支払いいただくことになります。
銀行振込の際は、銀行によっては振込手数料をお支払いいただくことになります。
日本ならみずほ銀行、フィリピンならBDO(PHP1000)、マレーシアならMaybank(RM80)が対応可能です。


■事前にご了承ください

利用規約をご覧ください。ご購入いただいた時点で、利用規約に同意したものとみなします。
・日本の調味料をけっこう使っているため(味噌、白だし、乾燥ワカメなど)、それについて知識があったり、かつそれが手に入りやすい方にオススメの内容となっています。
頻出する調味料はこちらのリンクをご覧ください。
・「日本の料理酒がないから●●で代用…」のような知恵はありません。
・レシピの英語は、「我が家のメイドが理解できる英語」ですが、文法やスペルミスなどあると思います。もしお気づきになったら教えていただけるとありがたいです。
・表記ゆれが多いです。mixだったりstirだったり。ご了承ください。
・掲載しているレシピは我が家のメイドが「作ったことがあるもの」ですが、レシピを書いて丸投げというわけではなく、手順を一緒に読み合わせして「わからないことは?」と聞いたりしています。たまに観察したりもします。
・なお、ご購入くださった方とそのご家族の方、または自宅で料理を作ってくれる方(お手伝いさんなど)にはリンクを共有いただいても構いませんが、それ以外の、第三者へのシェアや商用利用は禁止です。
(第三者に、購入者様のiPadなどでレシピを表示して、一緒に見ながら料理する、みたいなのはOKです)


■更新情報などはFBグループで


・レシピの購入が確認できましたら、購入者さま専用のFacebookグループ(非公開)にご招待します。
・お問い合わせ対応はそのグループ内で行わせていただきます。
・出張や旅行中、体調不良時を除き、2営業日以内にはご返信できるようがんばります。
・購入日から3ヶ月間は無料でご参加いただけます。
・3ヶ月が過ぎた方のアカウントは、Facebookグループ管理人からremoveさせていただきます。勝手に自動更新して勝手に料金を請求する、なんてことはしませんのでご安心ください。
・4ヶ月目以降もサポートを受けたい方は有料でのご案内となります。期限が迫る方がでてくる頃までにはそのご案内も整備する予定です。
・日本語か英語のみの対応となります。
・利用者さま同士のコミュニケーションを促したりはしません。
・レシピ利用と関係ない書き込みや公序良俗に反する書き込みについては、管理人の独断で削除します。


以上です。

長くなりましたが、購入前の方でご不明点がありましたら私のFacebookメッセンジャーにご連絡ください。


ふだん家で食べるような日本の家庭料理のレシピが英語になっていて、しかも明瞭にかかれていて、かつ各工程の様子が写真でご覧いただけるレシピは、世界中探してもなかなか見つからないと思いますので、この機会にぜひご利用いただければと思います。




このレシピを特にオススメしたい人


基本的には、
「外国人メイドがいる(または雇おうとしている)人」や「料理をメイドにお願いしたいと思っている人」を想定していますが、


・ホームパーティでいろんな国の人と和食を作りたい
・非日本語話者の配偶者に、たまには和食を作ってもらいたいけど今までは教えるのが面倒でやってなかった人



なんて方にもオススメだと思います。



というわけで、この機会にぜひどうぞ。
売上は、息子の絵本やおむつ代、新しい調理器具に充てさせていただきます。
私の誕生日が近いので、ご祝儀的な購入も大歓迎です😊


よろしくお願いします😊


リンクまとめ


利用規約
Amazonギフト券:メールタイプの購入方法
Paypalでの決済方法(決済手数料はお客様負担)
銀行振込(振込手数料はお客様負担)
住み込みのフィリピン人メイドに美味しい日本食を作ってもらうための再現性の高いレシピの書き方
2019年3月1日現在の英語レシピ
とんかつのレシピ




0 件のコメント:

Blog Archive