Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

ラベル 新婚旅行 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 新婚旅行 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年11月17日金曜日

2017.11.01 サハラ砂漠の丘から見る日の出 [フィリピンから行く新婚旅行11日目]

※唐突ですが…出産前に書き上げたいので…新婚旅行の話です…




車とラクダで砂漠の奥地に移動し、
夜ご飯も食べ終わって満点の夜空も堪能し、残すは日の出のみ。


ちなみに砂漠を歩いていることこういうことになるのですが、これもまぁ一興ということで。






2017年11月15日水曜日

2016.10.31 サハラ砂漠でテント泊。トイレやシャワー、食事は?荷物は? [フィリピンから行く新婚旅行10日目]

※出産前に書き上げたいので唐突ですが…新婚旅行の話です…

一日車で移動して、ラクダに1時間乗って、やっと砂漠の奥のキャンプ地に到着した話の続き。


サハラ砂漠でテント泊って、


・同じツアーのお客さんと雑魚寝
・トイレはないから外で折り畳み傘などで姿を隠して済ませる
・シャワーももちろんない


という話を聞いたことがあったんですが、申し込んだツアーの行程表には「トイレ・シャワー付き個室」とあって、実際に私たち夫婦二人用のテントがあてがわれました。
なんだ、よかったよかった。


テントの中はこういう感じ


テントの中に入ると、お部屋はこういう感じ。
たくさんの「いかにも」な生地で覆われています。ベッドは毛布&掛け布団。暖房器具はなし(当たり前か)。
旅行会社からは「冷えるから防寒対策はバッチリよろしく」みたいな注意書きが行程表に書いてあったから、ユニクロのウルトラダウンをこのためだけに持参した。
小さくまとまるから便利ね。




時期によってはテント泊が蒸して暑いから、カーペットを外に出してテントの外で寝るらしいんだけど、2016年10月31日の夜はとても寒く、そんな余裕はまったくありませんでした。




2017年11月14日火曜日

2016.10.31 フェズから車とラクダでサハラ砂漠へ [フィリピンから行く新婚旅行10日目]

※出産前に書き上げたいので唐突ですが…新婚旅行の話です…

新婚旅行のメインイベント!
砂漠に1泊ツアー!



砂漠行きは、現地発着(フェズ発やマラケシュ発など)でいろいろなツアーが出ていると思いますが、私たちはツアー会社の新婚旅行プランにそのままのっかった感じなんで、特にそのあたりの調整はやっていません。



砂漠って、行程表見て覚悟はしていたけどめっちゃ遠かったです。
これから行かれる方は、ぜひともゆとりある日程を組んでください。
地図の「Fes→Merzouga」をご覧いただくとおわかりいただけるかと思いますが、まぁとにかく遠いのなんのって。






移動のスケジュールはこういう感じ


06:00 ホテル出発(朝ご飯は箱に入れてもらいテイクアウト)。
12:00 どこかでランチボックスをピックアップ→車内で食べる。
14:00 どこかで車を砂漠専用の四駆に乗り換え。ドライバーもここで交代。
15:00 メルズーガ着。砂漠テント泊用の荷物を仕分け、残りはホテルに預け、休憩。
16:00 ラクダで砂漠の奥地へ、キャンプ地についたらテントで少し休憩。
18:30 夜ご飯→テント泊。



砂漠まで本当に遠かった…
8時間以上車に乗っていたんじゃないでしょうか…



車中は、眠剤飲んでほとんど寝ていました。
途中、トイレ休憩は何度かありました。




2017年10月19日木曜日

セルフアフィリエイトでウェディングフォトのアルバムが実質10%引きになって3190円得した


妊娠前どころか一時帰国までに終わらせたいタスクの1つがやっと終わった…


ウェディングフォトと新婚旅行の写真でアルバムを作るという作業、やっと昨夜終えました。
終えたと言っても、専用ソフトでアルバム作って発注したのが昨夜。
届くのは10月末か11月頭。
恐らく一時帰国中に受け取れるでしょう。


専用ソフトウェアを使いこなすのにちょっと時間がかかりつつも、全150枚をなんとか盛り込みました。




ウェディングフォト(プロに撮ってもらった写真)はババーンと大きく載せ、スマホで撮った新婚旅行の写真は1ページに2〜8枚のペースで散りばめてみた。




2017年9月2日土曜日

バルセロナの空港VIPラウンジをプライオリティ・パスで無料体験 [フィリピンから行く新婚旅行 特別編]






楽しかったバルセロナ4日間も終わり、新婚旅行第2の都市グラナダに移動します。


カタルーニャ広場から空港へ。行きに降りた場所だからわかりやすい。


そして空港へ。
バルセロナ=エル・プラット空港は、海外のLCCとチャーター便はターミナル2、それ以外はターミナル1だそうな。
今回私たちが乗るのはブエリング航空(Vueling Airlines)というスペインのLCC。

バルセロナーグラナダ間はブエリングしか飛ばしていないみたい。


ウィキペディア先生によると、

ブエリング航空(Vueling Airlines)はバルセロナを拠点とするスペインの格安航空会社で、2004年設立。

スペイン国内資本としてははじめての格安航空会社である。現在のところスペイン国内線の他、オランダ・イタリア方面などの路線を持っている。また、ローマ・レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港も準ハブとしており、同空港からはスペイン方面のみならず欧州各空港への路線も充実している。
この航空会社の特徴は、これまで格安航空会社が料金を下げるために多くとっていた「発着料金が安く混雑しにくい、郊外のアクセスが不便な空港」を発着するスタイルではなく、大手航空会社が使うような中心に近い空港(たとえばパリのオルリー空港・アムステルダムのアムステルダム・スキポール空港など)を使用することにある。


だそうです。





2016年11月7日月曜日

帰りのカタール航空は可もなく不可もなく 3人席を二人で使えてラッキー [フィリピンから行く新婚旅行14,15日目]


家に無事到着するまでが新婚旅行です!

という訳で、行きと同じくカタール航空で、
マラケシュ→ドーハ→マニラというルートで帰ってきました。

マラケシュ→ドーハが約7時間、

ドーハでのトランジットが約6時間、

ドーハ→マニラが約9時間、

移動も含めると24時間超えな帰路でした。
時間だけで見ると、
これまでの海外旅行で一番ハードだったかも。




2016年11月5日土曜日

空港VIPラウンジをプライオリティ・パスで無料体験:ドーハのハマド国際空港の巻 [フィリピンから行く新婚旅行 特別編]





新婚旅行をカタール航空で行くことにしたので、
行きも帰りもカタール航空のハブ空港でもある、ドーハのハマド国際空港でトランジットでした。
2015年に完成した、かなり新しい空港。
近代的で、導線もキチンと考慮された素晴らしい空港だと思います。


で、MNL-BCNも、RAK-MNLも、トランジットは夜中あるいは早朝なんですよね。
夫婦共々プライオリティ・パスホルダーなので、くつろがせていただきました。

ラウンジ利用メモは後述するとして、


飛行機に乗る機会が多い方は持ってて損はないと思うので
とりあえず一枚作っといたらどうですか?という宣伝。
だってこのリンク経由でお申込みいただくと、私にもほんのすこし紹介料がいただけるんです!

(楽天プレミアムカードを作って、その後で追加で申し込む、という流れです)
(これ持っておけば、海外旅行保険は加入しなくても大丈夫なんじゃないかと)
(このカードの海外旅行保険適用範囲はこちらをどうぞ








という訳で、ラウンジ紹介の本題へ。

2016年11月4日金曜日

2016.11.04 世界最悪レベルのマラケシュ空港でサバイブ! [フィリピンから行く新婚旅行14日目]


あまりにビックリしたから、
「写真に文字入れ」を初めてやってみた



世界ワースト空港の栄冠に何度も輝いた悪名高いマニラ空港ターミナル1を何度も経験している私ですら「ぴー」と思ったマラケシュ空港!!


リヤド(メディナの中)から空港までは20分くらいで到着しました。
(Google Mapは便宜上、フナ広場→空港というルートにしています)
意外と近い。








◯ィリピンのマ◯ラと違って、渋滞しないのはよかった。






はいって左側にカタール航空のチェックインカウンター。
マラケシュから乗る人ってあまりいないんでしょうかね、ガラガラでした。
オンラインチェックインのメリット特になし。





チェックインの際にパスポートと一緒にフィリピンの外国人登録証(以下ACR)を見せるんですが
(労働ビザホルダーなので、フィリピン出国のチケットを以てなくてもOKという意思表示で)


フィリピン発行のACRを見せたら
「マニラってどこにも書いてないんだけど」と。

えっ\(^o^:)/

上部に
REPUBLIC OF THE PHILIPPINES ALIEN CERTIFICATE OF REGISTRATION



ってあるよ…



マニラはフィリピンの首都だよ…



労働許可証(AEP)を見せたら解決しました。



なぜwww



で、ここからが肝心の



マラケシュ空港でサバイブする方法!!



サバイブというよりは、事前に知っておくと期待値コントロールができるよねって話かな。

全部で6点あって、

2016年10月30日日曜日

2016.10.30 迷宮都市すぎてあまり記憶に残らなかったフェズ [フィリピンから行く新婚旅行9日目]





後ろ髪ひかれる思いでシェフシャウエンをあとにした私たちは、次の街「フェズ(fes)」を目指します。

シェフシャウエンからフェズまではだいたい3−4時間。




この日のスケジュールは

10:00 ピックアップ
13:30 フェズ着、ランチ
からの、ガイドさんと合流してフェズのメディナ(旧市街)を観光
19:00 ホテル着、ディナー

です。

日程表によると、

ご昼食後、英語ガイドと合流して、世界最大 迷宮都市「フェズ」観光
≪南の砦、タンネリ、カラウィンモスク(外観)、ムーレイイドリス2世廟、アッタリンマドラサ、ブジュルード門、ネジャリン広場≫
*タンネリはお土産屋からしか観光ができません でお土産屋へご案内しますが、お土産購入を強要するものではございません。

らしい。どこが何なのかまったくわからないけど、とりあえず行ってみよう。


2016年10月29日土曜日

2016.10.29 幻想的な青い街シェフシャウエン[フィリピンから行く新婚旅行8日目]





シェフシャウエンに着きました!
地図上だと、一番上の「Chefchaouen」というところです。
ここが、新婚旅行のモロッコ編の実質のスタートポイント。





手前の記事に書いた通り現地通貨とSIMもゲットしたので、いよいよ街中散策!

※ドライバーさんとは宿で解散。
翌日の指定時間にピックアップしてもらう予定です。





2016.10.29 モロッコのシェフシャウエンでSIMを買えるお店とATM[フィリピンから行く新婚旅行8日目]


タンジェでドライバーと合流後、3時間くらい乗ったかな。
お互いを自己紹介したり(夫婦共に英語が話せてよかった😊)旅の予定を確認するなどしているうちにあっというまに時間が過ぎ、いつのまにかシェフシャウエンの近くに!



青い街シェフシャウエン!
を楽しむ前に、SIMが欲しいしそのためにも現地通貨をおろしたいのー!





という訳で、まずはATM探しから。
と言ってもそんな血眼になって探した訳じゃないんだけど。





2016.10.29 スペインから船でジブラルタル海峡を越えてモロッコへ[フィリピンから行く新婚旅行8日目]




いよいよ新婚旅行も折り返し!
海を渡ってモロッコに向かいます。
モロッコでは

タンジェでドライバーと合流

シェフシャウエン

フェズ

サハラ砂漠

トドラ渓谷・アイトベンハドゥ

マラケシュ

というスケジュール。

モロッコ国内は移動が大変なのと、新婚旅行中にあたふたするのも嫌なので、モロッコ国内はドライバーによるフルアテンドにしました😊


という訳で、スペインのアルヘシラスからモロッコのタンジェに移動!
フェリーで1-2時間だそうな。


Google Mapで見てみると、スペインとモロッコはこういう位置関係で。





もう少しアップにしてみると…



こういう位置関係。
航路はアルヘシラス赤い矢印が指している航路を南下して、タンジェへ。


実はタンジェには新港と旧港があり、Google Mapのモロッコ側左に見えるTangierという方が旧港。観光するならそっちだと思いますが(と言ってもたいしてみるところないし治安も悪いらしい)、私たちが乗ったフェリーは新港へ着いてました。


では、アルヘシラスの港への行き方からタンジェ新港までの行程をご紹介しますね。




2016年10月28日金曜日

2016.10.28 スペインから歩いていけるイギリス・ジブラルタルに日帰り旅行[フィリピンから行く新婚旅行7日目]





スペインの南方に「イギリスの海外領土であるジブラルタル」というエリアが存在するのは既報の通りですが、私がなぜここに興味を持ったかと言うと…


領土の面積が十分でないため空港滑走路と一般道を交差するように作るしかなく、飛行機が離着陸するたびに踏切の遮断機が降り、車や人の通行が止められるっていう素っ頓狂な空港があるんです!!!


見てくださいこの空港面積!





拡大してみましょう…





青い線が一般道、赤いのが空港の滑走路。
陸で交差してるんです。




空からみたらこういう感じ。
写真はウィキペディアより。



By Julo - view from the Gibraltar Rock, パブリック・ドメイン, Link

2016.10.28 スペインの港町アルヘシラスからイギリス領ジブラルタルに陸路で行く方法[フィリピンから行く新婚旅行7日目]


新婚旅行7日目は…
スペインの港町アルヘシラスからイギリス領ジブラルタルに陸路で日帰り旅行😊


ていうか「イギリス領ジブラルタル」ってどこ?って感じですよね。
イギリスとスペインの位置関係はこういう感じ。







2016年10月27日木曜日

2016.10.27 電車とバスでグラナダから港町アルヘシラスへ [フィリピンから行く新婚旅行6日目]






アルハンブラ宮殿を存分に楽しみ、ランチも済んだので、パラドールに戻ってスーツケースを引き取り、タクシーを呼んでもらって、Granadaの鉄道駅へ。


バスと電車で、新婚旅行3つ目の都市、港町アルヘシラスに向かいます。
アルヘシラスの街自体には特に用事がないんですが、
モロッコに行くための船がここから出ているので、アルヘシラスは立ち寄らざるを得ないんです。


本来であれば、GranadaからAlgecirasは電車1本で行けるのですが、
Granadaから先が工事中とのことで、電車が動いている駅までバスで行くことになりました。


位置関係としては、

Granada → Antequera-Santa Anaはバス
Antequera-Santa Ana → Algecirasは電車

という行程になりました。
(※Google Map上は車で行った場合のルートになってしまっています)




(と言っても、ツアー会社が全部手配してくれていたので、こうなることは事前にわかっていました)






Blog Archive