Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジが使い放題!楽天プレミアムカードめっちゃ便利。


プライオリティ・パスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2017年1月24日火曜日

フィリピンで投資とか株とか生保とか?15万ペソが154万ペソになるとか?


別に怪しい話じゃないですよ\(^o^)/

BDOの、主に給与振込などメインに使っている支店に何かの用事で行ったら、
すでに顔馴染みになって久しい支店長に

「savings accountに置いとくだけじゃもったいないから投資したら?」

ともらったのがこれ





見ても全然わからねー










話を聞いて理解した感じだと


・ミニマム3万ペソ/年を5年続けると、
◯年後に利息が4%, 8%, 10%の時にそれぞれこうなりまっせ、と。


15万ペソが、65歳になった時にもしかしたら154万ペソになってるとか、


私にはもはや意味不明


計算ロジックについて何度か聞き返したけど
さすがに桁が大きい数字は英語だと難しいんだよね〜(^-^:)


「過去の実績だと15〜17%です!」
って言ってくれてるけど、
(紙にも書かれてるw)
この先どうかわからないしね。


あと、5年間で15万ペソ入れたら、死亡保障?で30万ペソ入るらしい。


とりあえず「計算難しいから旦那に相談するぽ」と言って退散しました。
(で、たぶんしない)


長くフィリピンに住むなら考えてもいいかもしれないけど、なんとも言えないからなぁ。
そもそも自分がいつまでいるかわからないし、
支店長や対応してくれたアドバイザーの人がいつまでいるかわからないし、
担当者が退職したり連絡取れなくなったら自分の口座がどうなってしまうのか不安だし、
あと老後に、モーロクした時に解約したりできるか不安www



長い目で見たらお得な気はするけどね。



「「ふーん」と思ったのが一つあって、
日本は生保文化がすでに成熟しているけど
フィリピンは全然そうじゃない。
だから、日本のマーケットを多いに参考にして商品設計をしている。
フィリピンにも生保の文化を根付かせたい」
と言っていたんだよね。


だって日本じゃPrimary needsでしょ?って言われて、
 言葉の意味がわからないけどニュアンス的に「必要なもの」的な感じがしたので
「う、うん、そうだね」って答えておきました。

一昔前は、社会人になったら保険に加入する(生保/入院保険etcは人によるだろうけど)
みたいな風潮があったな〜
私も30前後で生保(老後向け積立、死亡云々)に入ったっけ。
(ちなみにプルデンシャル)


そういえば受取人の名義が実父のままだった。
どうしよう。


       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク







0 件のコメント:

Blog Archive