Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2016年7月31日日曜日

超簡単!「みどりの高原たまご」で卵黄の紹興酒漬け


日本の友人がホームパーティのたびに作って持ってきれくれた「卵黄の紹興酒漬け」、
ふと最近思い出し、ここ数ヶ月でかなりハマっています。
おかげ様でホームパーティやBBQでも大人気。

やっぱみんな、こういう味好きよね〜\(^o^)/

(ちなみに会社のフィリピン人やインドネシア人、ベトナム人には不評でした)



なんで卵黄がこんな丸くなるのー!?

どうやら、
「凍らす→黄身から水分が抜ける→解凍する→黄身の水分が抜けたまま」

だからなんだって。






さっそく作り方をご紹介。
ソースはこちら。
美味しすぎて悶絶!!!究極の黄身紹興酒漬け。

ただし、材料・作り方ともにちょいと手を加えています。
違いはソースと見比べてね。

材料


■卵 1パック(12個)
□紹興酒 100cc
□醤油 100cc
□砂糖 大さじ1
□すりおろしニンニク 1cm
□すりおろししょうが 1cm

卵は、マカティだったらリトルトーキョーのてっぺんかヤマザキ(130PHP) 、
BGCだと、ブルゴスサークルの北にあるハンヤンで売っています(140PHP)。
月・水・金が入荷日ですって。



紹興酒は、マカティの台湾グロッサリーで買いました。
SM Makatiとか大きめのショッピングセンターを回っても置いてなかったので、
台湾系か中華系のお店がいいんじゃないかな。

すりおろしニンニクとしょうがは、リトルトーキョーのセイキョーで買った気がします。
入れ過ぎるとかなり残念なことになるらしいので、いったん1cm程度で試しています。


作り方


1. 卵を、殻のまま(買った状態のまま)冷凍庫で24時間以上凍らせる。
(かなりの確率でカラが割れるので、買った時のパックのままか、ジップロックやタッパーなどに入れるのがおすすめ)
2. 冷蔵庫で24時間以上置いて解凍
3. 殻を割って白身を洗い落とす
4. □の材料をタッパーに入れて混ぜ、卵黄を漬け込む。
5. 次の日まで待つ


ソースにある友人のエントリだと冷凍12時間、解凍6時間とありますが、こっちのたまごだとちょっと違うのかな、
12時間じゃ全然ダメでした。

ご参考その1:
12時間凍らせて7時間解凍→白身を流したあとの状態
右側にまんまる状態のものがありますがそれ以外は球体を保つことができず、
おはじきみたいな形で紹興酒に浮かんでいます。



ご参考その2:
一晩漬け込んだあとの状態
その後、こうなりました。
味はバッチリでした。




ご参考その3:
うまくいった例:
ちゃんとやれば、こんな具合になりますのでご安心を。




いろいろ試した結果、やっぱり紹興酒付けに落ち着いた感があります。



醤油&紹興酒以外のタレでやる場合、卵1つにつき10gくらいで作ってみました。
だいたいおいしくなります。

「フィリピンのタマゴでも殻を洗剤で洗えば大丈夫」 説もありますが、
まだ怖くて試したことはありません。



次回予告


近所のイタリアンの話!

@suniのブログの新着記事を見逃したくない方は、
ここをクリックしてぜひ定期購読してくださいね!
follow us in feedly
(FeedlyというRSSリーダーです)



関連リンク









最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。
今後もお役に立てるような記事をお届けしますね♡

       このエントリーをはてなブックマークに追加   

0 件のコメント:

Blog Archive