Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2015年11月29日日曜日

そういえば、【セブの日系企業JICC強制捜査&日本人60人逮捕】の最近の話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 


フィリピンの、主にセブの語学学校界隈を震撼させた事件

続報あり→【セブの日系企業JICC強制捜査&日本人60人逮捕】フィリピン国家捜査局とJICCの言い分について考察

この影響で、セブから一時的に日本人が少し減ったとかなんとか…
噂ですけどね…

あれから2ヶ月半…


Foreigner rapped for operating firm without permit




ヒッソリと解決されたものかと思っていましたが、案外そうでもなかったんですね。

法律用語難しいんですけど、なんとか概要を訳してみました。










・NBIは、労働局からのAEP(労働許可証)なくコールセンターを運営していたとして日本人のCさんを起訴(criminal charges)した。

・Cさんは、9月にNBIがセブのIT Parkで逮捕したJICCの日本人60人のうちの1人。

・JICCの元従業員の密告によると、JICCは5年間、フィリピンで不法営業していたとのこと。

・当局がCさんに労働許可について聞いたところ、「自分はJICCの社長だから労働許可は免除される」と言っているが、免除はされることはない。

・NBIによると、Cさんは、脱税目的で日本人学生をコールセンターで働かせており、これは労働者の労働の機会を奪うものだとしている。

・有罪判決がくだされたら、Cさんは3ヶ月から3年の刑期を1000-10000ペソの罰金を課されたのち、国外追放となるかもしれない。

・JICCも罰金を課される可能性がある。








だそうです。


いやー、読むの大変だわ。



まとめると、状況的には…




今回起訴されたCさん以外はみんな大丈夫っぽい?



一つだけ言わせてもらうと、
「脱税目的で日本人学生をコールセンターで働かせており、これは労働者の労働の機会を奪うものだとしている。」という下りについては…
脱税はダメだけど、
インターンの人たちって確か日本向けに日本語でコールセンター業務している人がほとんどだから、フィリピン人の労働の機会は奪わないと思うんだよね。
だって、パーフェクトな日本語で電話営業できるフィリピン人なんてほとんどいないでしょ?



フィリピン生活ならこちらもどうぞ

フィリピン人メイドにボーナスをあげてみた
St. Luke's(セントルークス)に入院した友人のお見舞い
事前調整不要、マニラから夜のフライトしかもカリボ経由でボラカイに行く方法 [女だけでボラカイ旅行2015 その1]
【フィリピンで自炊】海外在住者マストバイ!Philips(フィリップス) のヌードルメーカーが優秀らしい
【フィリピン】労働ビザをダウングレード後の初の出国はECC(エグジットクリアランス)が必要だよ!あとARPも忘れずに。
フィリピンで思い知ったムスリム差別の話





@suniのブログを引き続きよろしくお願いします。
ぜひ定期購読もね!ヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加 

Blog Archive