Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2015年9月4日金曜日

【海外就職】今日の英語 nice to e-meet you



    このエントリーをはてなブックマークに追加 



Letters Play Important Roles in our Lives / William Arthur Fine Stationery

6月、出張に行く前に、アポ入れのために現地の人と英語でやりとりした際にメールやFacebook Messengerでよく言われたフレーズがコレ。

Nice to e-meet you!





相手にこう言われたのが初めてでビックリしたというか、実際会っている訳じゃないから「e-meet」なのね〜と感心しました。
日本で英会話学校に通ってたし語学留学もして、フィリピンでも2年弱別の会社で働いていたけど、こういう言い方は初めて知りました。
(前職は日系企業の日本人とやりとりすることがほとんどだったしね)


いる環境によって身につく英語も違いますね。


余談ですが、niceはgoodやgreat、lovelyなどに置き換えることも可能。
lovelyはイギリス英語っぽく聞こえるイメージ。


ちなみに前職の日系SIerで働いていた時よりも今の会社の方が英語の割合が増えたし上達している実感もあるし、「もっとやらないと成長しない、自分のバリューが上がらない」という危機感をすごく感じるようになりました。



「海外就職して英語がんばるぞ」という方は、以前みんなの英語ひろばというサイトに寄稿したこのエントリも参考にどうぞ。

採用する側から見た、フィリピン就職志望者に期待する英語力

「海外にいただけのノースキル人材」になる前に考えておきたい、フィリピン就職の、その先は?






@suniのブログを引き続きよろしくお願いします。
ぜひ定期購読もね!ヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加 

Blog Archive