Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2015年5月24日日曜日

ASEANってどこなんだっけ?って人のためのエントリ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 


ASEANとは「Association of South‐East Asian Nations」の略で、日本語にすると「東南アジア諸国連合」ってWikipedia先生が言ってました

フィリピンで生活しているから「フィリピンはASEANに含まれる」「本部はジャカルタ」程度のことは知っていますが、じゃぁASEANってどこの国よ、と聞かれると


わかりません


なので調べてみました。






どーん

"Association of Southeast Asian Nations (orthographic projection)" via ウィキメディア・コモンズ.

大陸部は、左からミャンマー、タイ、タイの右はラオス(上)、カンボジア(下)、そして右端がベトナム。タイの下にマレーシア・シンガポール、という感じですね。
ブルネイは、大陸じゃない側のマレーシアに、海とマレーシアに囲まれてひっそり。
フィリピンはかなりの島国だけど、インドネシアもなかなかな感じね。「赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される」ですって。しかも1つの島で東ティモールと同居していたり、パプアニューギニアと同居していたり、味わい深い。

ASEANの国リスト



人口順で並べてみました。
(というかウィキペディア先生の記載のまんまです)

こうやって見ると、インドネシアが圧倒的ですね。

順位国名人口
1インドネシアの旗 インドネシア255,462,000
2フィリピンの旗 フィリピン102,965,000
3ベトナムの旗 ベトナム91,812,000
4タイ王国の旗 タイ68,387,000
5ミャンマーの旗 ミャンマー52,187,000
6マレーシアの旗 マレーシア30,568,000
7カンボジアの旗 カンボジア15,040,000
8ラオスの旗 ラオス6,802,000
9シンガポールの旗 シンガポール5,541,000
10ブルネイの旗 ブルネイ421,000



この10カ国の人口は6億人を超えていて、EUなんかよりも大きいらしい。
ミャンマーって、何気に人口が多いのね。


その他、興味をひいたところ

設立の経緯が「ベトナム戦争中の1967年に、東南アジア諸国の赤化を恐れたアメリカの支援をうけ」とあった。裏で手を引いていたのはアメリカさん。
ちなみにASEANの国同士が仲良くするとアメリカは機嫌を損ねる…なんてニュアンスの記載もありました。

ウィキペディア、面白い。


東南アジア諸国連合


あと、このページを他の国の言語で読んでみると、ボリュームが全然違うのもまた面白い。

日本語は当然ながら日本に関する内容(日本がASEANにどう関わったか)が多い、韓国語のページは大した内容が書かれていない、タガログ語のページは何気に量が多い、など。


母国語によって、得られる情報の種類・量も変わるもんだなぁとしみじみ思いました。


というわけでおさらいですが、ASEANは

・インドネシア
・ フィリピン
・ベトナム
・タイ
・ミャンマー
・マレーシア
・カンボジア
・ラオス
・シンガポール
・ブルネイ

以上10カ国で形成される連合でした。

この10ヶ国のモバイル市場なんかも調べてみますか。

近日公開…かもね



新版 アジア進出ハンドブック
三菱東京UFJ銀行国際業務部
東洋経済新報社
売り上げランキング: 186,250

ASEANシフトが進む日系企業: 統合一体化するメコン地域
春日 尚雄
文眞堂
売り上げランキング: 208,789





ちなみに「APAC」というフレーズもよく聞きません?
◯◯会社のAPAC-HQはシンガポールにあるよ、みたいな文脈で。
この流れで「どこの国が含まれているのかなぁ」と思い調べてみましたが、あまりにも結果ページがしょっぱいので詳細シェアするのは省きます。詳しくはウィキペディア先生をどうぞ


最後にお知らせ

東南アジアのスタートアップ「YOYO」では、新興国の人々にPopslideを通じて無料インターネットを届けるエンジニアを絶賛大募集しています!
ぜひこの文章をクリックして募集要項をご覧ください。



@suniのブログも引き続きよろしくお願いします。
ぜひ定期購読もね!ヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加 

Blog Archive