Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジが使い放題!楽天プレミアムカードめっちゃ便利。


プライオリティ・パスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2015年2月22日日曜日

【フィリピンで就職が決まったら】日本で買って・持ってくるべきアイテムと輸送方法

    このエントリーをはてなブックマークに追加 

こないだ通勤途中にiPhone6をパクられた私に愛の手...じゃなくてクリックを!
http://overseas.blogmura.com/philippine/
(ブログランキング)





NILS(私がセブで通っていた語学学校)の後輩がマニラで就活中ということでお互いの近況報告をしつつ、「引っ越すことになったら日本から何を持って来といた方がいいですか?」と聞かれたので…


1. 買って/持ってくるべきアイテム
2. 輸送方法について
3. まとめ

という流れでまとめてみます。
一部を除き、フィリピン以外の国で就職・引っ越す方も参考になるんじゃないかと。




1. 買って/持ってくるべきアイテム


■カード系

・オンラインバンキングできるようにしておく
→振込、残高紹介をネットでできるのでいろいろ助かっています。

・クレジットカードの明細をネットで見れるようにしておく
→日本のクレカはあまり使っていませんが、たまに日本で使うしそういうケースってだいたい金額が大きいので、利用明細はたまに確認するようにしています。

・クレジットカードを申し込んでおく
→海外に出ちゃうと日本のカード作れないんじゃないかと。
今後一切日本の世話にならないなら構いませんが。

オススメしたいのはこれ。このカードに申し込むと、「プライオリティ・パス」という世界700箇所の空港ラウンジを使えるパスに自動加入→搭乗クラスや利用航空会社に関係なく使えます。軽食やドリンク、場所によってはアルコールも飲めます。
フィリピンで就職している人って、日比の往復もそうだし、フィリピンから近隣諸国に旅行する人も多いから、持っておいて損はないと思う。
年会費10800円だけど、加入したら楽天ポイント11000がもらえるから、実質は初年度タダみたいなもんかな。




■ガジェット系

・SIMフリー端末
→iPhone6でもNexus(そういえば一番新しいのって9なのね)でもなんでもいいんですけど、フィリピンでハイエンドなスマートフォンを買うと、日本で買うより高いんですよ。Apple製品は基本的にシンガポールからの輸入になるので、関税が乗っかってるとかで高いみたい。他のも恐らくこのルートでの輸入なので高いんじゃないかと。
逆に「通話とテキストだけで事足りる」という人は1台1000ペソもしない安い携帯もあるのでいいのかもしれません。


Kindle Paperwhite
→一つ持っておくととても便利です。日本の書籍を読みたいというときにこれがあればすぐ買って読めるし。私はフィリピンに来てから30冊以上買っています。iPhoneのKindleアプリでも読めますけど、本を読むには画面が小さいんで、Kindleが便利。


スマートフォン用バッテリー(私は数年前からAnker製品推し)
→旅行中にスマホのバッテリーが切れてプギャーとならないよう、旅行に行くとき、仕事で終日外出するときなどは常に持ち歩いています。


USB急速充電器(これもAncker製品)
→便利ですよ〜。旅行に行くときに、最大で「私用携帯、会社携帯、Kindle、フィリピンのポケットWifi」を持っていくんですが、充電するのに全部わざわざ電源ケーブル持ってくのも荷物になるじゃないですか。USBケーブル4本とこの充電器があればバッチリ。


■キッチン系

炊飯器
→フィリピンの安物の炊飯器って、おいしく炊けないんですよ。私は象印の海外モデルをフィリピンで買いましたが、選択肢が他になかったので、日本であれこれ選べる時に買って持ってくるのもいいかもしれません。


ごはん冷凍保存容器
→これは1膳分のサイズで、しかもレンジでチンを考慮して空気抜ける用の穴もあるからお勧め。もう10年以上使ってる。何度か買い直しているけど。まぁ別に必須ではないけど、あると便利。


計量スプーン
→これひとつで、大・中・小さじが量れる優れもの。こんな便利なのは海外じゃ買えない。普通の軽量スプーンなら、フィリピンでも普通に買えますがw


日本の米
→純日本米って買いたいときに限って売り切れていたりすんですよー。最近はジャポニカ米ですら普通のスーパーでなかなか見かけなくなりました。私は手間暇かけるのがイヤなので(料理しなくなるので)、無洗米ラブ。ちなみにフィリピンで無洗米は見たことがありません。


・こだわりの◯◯とか、そういう食料、調味料
→塩とか醤油とかならフィリピンでも買えるけど、「安藤醸造のしろだし」とかちょっとこだわった柚子胡椒新橋玉木屋の懐石茶漬詰合せなんてのはもちろん売ってないんですよ。普通のだしの素とか普通の柚子胡椒なら売っていますが、やっぱり料理がさほど得意でない私のような人間には「こだわりの◯◯◯」がマストなんです。オホホホホ。



■健康グッズ系
アイピロー首肩用温熱パッド
→フィリピンのオフィスってエアコンが「これでもか!」ってくらいかかってて体がかなり冷えるんですよね。だから寝るときはこれで体をいたわってあげてます。さすがにこの手のものもフィリピンでは手に入りません。

・日本の薬
パブロンでもバファリンでもなんでもいいんですけど、なんとなく日本の風邪薬が手元にあると安心。いずれはフィリピンでフィリピンの薬を飲む機会があるとは思うけど、しばらくはいろいろ慣れないだろうし、そもそも試用期間は会社の福利厚生の保険に入れないかもしれないから、日本で飲み慣れている薬がもしあるんだったら、持ってくるのをオススメします。

・マスク
→風邪や咳の予防…というよりは、私の場合はフィリピンから海外旅行するとき用に。マニラ空港→現地、現地空港→マニラまで、かならずマスクをします。空港って、けっこういろんな病原菌があるとかないとかで。以前、アメリカに行ったときに恐らくNRT-SFOの機内で風邪を移されサンフランシスコでの2泊を棒に振ったことがあるので… 楽しみにしている旅行がダメになるなんて悲しいじゃないですか。
オススメは「小林製薬ののどぬーるぬれマスク」シリーズ。「ゆず&かりんの香り」なんていうのもあって超よさそう。いいなぁ。
ちなみにフィリピンの街中で白いマスクをして歩いている人は皆無です。



■日用品

小さめの洗濯物用ハンガー
→洗濯は洗濯屋さんに出せますけど、下着(特にブラジャー)は手洗いした方が長持ちするので、洗面所で洗って干すのをオススメします。


虫除けのハッカスプレー
→虫除けスプレーを日本で買って持ってくる/現地で買うのもアリですけど、なんか体に悪そうじゃないですか。ハッカオイルだったら体に悪くないしいい匂いだしってことで。ちなみに液体だけじゃなくてこういう結晶タイプも買って、シンクの棚の奥にパラパラと撒いたりしました。



■女性向け

・基礎化粧品
→化粧水やファンデーション、最初は日本で使い慣れたものをもってきた方がいいと思います。フィリピンで買えなくはないけど、合わない可能性もあるので。


・生理用品
→フィリピンで買えなくはないけど…ちなみにタンポンは売ってないことも多いです。宗教上の理由なんですかね?わかりませんが。
ウルトラCで「月経カップ」なんてのもあります。使い方に慣れれば、生理用品の使用頻度も減って節約になるかも?でいいかもしれません。


2. 輸送方法


日本からフィリピンに引っ越す際、さほど荷物が多くない場合は、飛行機の受託手荷物で問題ないと思います。
会社によっては23kgまでx2つまでいけるし。

それとは別に、機内に持ち込めるサイズのスーツケースがあると便利。
というのも、フィリピンから2-3泊で海外旅行行くときに重宝するんですよ。
だいたいどこに行くにも夏だから、衣類がかさばらないし。




なので、自分が飛行機に乗る際の最大容量は

●機内持ち込み
・機内持ち込みサイズのスーツケース&ちょっとした荷物用のバッグ(財布とかパスポートとかはこっちに)

受託手荷物(航空会社によってサイズ、重さ、個数には気をつけてください)
・大きなスーツケース
・ダンボール


という感じになるんですが、それでも足りない場合はバリックバヤンボックスを使うといいでしょう。

飛行機の荷物の超過料金ってけっこう高いんですよ。
それだったらMAX50kgの荷物を日本からフィリピンに送れる「バリックバヤンボックス」の方がお得なんです。

バリックバヤンボックスについてはここをクリック




まとめ


いったん就職したら、日本に行く時間的余裕はしばらくないと思うので、可能な限り日本で買って、持ってくるなり送るなりすることをお勧めします。


関連リンク




==お知らせ==

@suniのブログを定期購読
(フィリピン海外就職、現地事情についていち早く知りたい方はこちら)

Amazonのほしい物リスト
(結婚祝い&誕生日プレゼント、お待ちしております♡)

Uberの割引コード:suni_uber



       このエントリーをはてなブックマークに追加   



Blog Archive