Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジが使い放題!楽天プレミアムカードめっちゃ便利。


プライオリティ・パスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2014年4月23日水曜日

フィリピンのインターネットスピードは東南アジア最下位(世界190カ国・地域を対象にしたブロードバンドのネット速度の調査結果 by Ookla)

    このエントリーをはてなブックマークに追加  




Speedtestの提供元?でもあるOoklaという会社が、世界190カ国・地域を対象にしたブロードバンドのネット速度の調査結果を公開しています。

http://www.netindex.com/download/allcountries/


せっかくなので、TOP10とその他目に留まった国をピックアップします。




1位:香港 77Mbps
2位:シンガポール 65Mbps
3位:ルーマニア55.5Mbps
4位:韓国 52.9Mbps
5位:スイス 52.88Mbps
6位:リトアニア 47.41Mbps
7位:アンドラ 45.84Mbps
8位:オランダ 41.29Mbps
9位:日本 40.89Mbps
10位:スウェーデン 40.82Mbps

11位:マカオ 40.66Mbps
12位:台湾 39.99Mbps

23位:イギリス 27.07Mbps
33位:ハンガリー 23.54Mbps
34位:アメリカ 23.41Mbps
44位:中国 19.21Mbps
49位:タイ 18.20Mbps
60位:ベトナム 13.92Mbps
67位:メキシコ 11.98Mbps

98位:クロアチア 7.53Mbps
104位:フィジー 6.80Mbps
117位:カンボジア 5.75Mbps
122位:マレーシア 5.41Mbps
123位:ブルネイ 5.40Mbps
124位:ミャンマー 5.33Mbps
136位:インド 4.72Mbps
138位:バングラディッシュ 4.72Mbps
145位:ラオス 4.34Mbps
147位:インドネシア 4.24Mbps

158位:フィリピン 3.54Mbps

183位:キューバ 1.55Mbps

190位:ブルキナファソ 0.80Mbps (西アフリカに位置する共和制国家)


最下位の国、今回初めて知りました。
国名のブルキナはモシ語で「高潔な人」、ファソはジュラ語で「祖国」を意味するそうですよ。
サッカー好きなら、トルシエ監督が日本に来る前の前、1997年から1998年にかけてこの国で代表監督を務め、同代表をアフリカネイションズカップ1998第4位に導き「白い呪術師」の異名を取ったことはご存知ですよね。


さて、我らがフィリピンはというと、オンライン英会話が盛んな割には東南アジア最下位www
と言っても、オンライン英会話に力を入れているところは、専用線引いてむしろ数十Mbps当然みたいな環境作ってますよね。


最近じわじわとシェアが伸びている(気がする)LTEのポケットWifiだと、下りで5-10Mbps、上りで2-3Mbpsは出るかな〜、という感じです。

関連記事:
SMARTのLTEプリペイドポケットWifiをゲットした
SMARTのPrepaid LTE対応ポケットWifiの使い方
SMARTのLTE対応PrepaidポケットWifi用にアンテナを導入した
LTEのポケットWifiの筐体が変わった
フィリピンでSMART製の新型ポケットWifiをゲットしたので速度を比較してみた





この遅さは、まったくもって全然慣れないので、国レベルで早くなんとかして欲しいです。よろしくぽ。



ご覧いただきありがとうございます♡ ぜひ定期購読もお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive