Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2014年1月29日水曜日

セブ・マクタン島の射撃場で実弾を打った話 #フィリピン #セブ #留学



セブ再留学の時の話。
「日本じゃできないことをしよう!」ってことで、学校終わった後に5人でマクタン島の射撃場「ターゲットゼロ」に行って来ました。

5人で10弾ずつ打って、一人1000ペソ前後だった…かな?

銃はいろいろな種類があるんですが、私はよくわからないので、ほかのメンバーにお任せ…w


これはまだ弾を入れる前ですね。
たぶんなんとかマグナム…だと思います。
ルパン三世の誰かが使ってるヤツだとか、なんとか(もはや覚えていない)






本当に打つ時は、耳栓して、メガネもかけます。
耳栓は、「音が凄いので」、メガネは、「火花対策」…かな?

最初、一発目を打つ時は「これで人殺すこともできるんだ」と思って相当ビビってなかなかトリガー引けませんでしたが(重たいっつーのもある)、だんだん慣れます。

ちなみに打った後の反動が激しく、のけぞったときはスタッフさんが背中を抑えてくれます。




こんな感じで、姿勢のレクチャーも受けます。
右の男性が、ここのオーナーさん。日本人。



射撃中のメンバーをみんなでパシャパシャ。



パシャパシャ。
ちなみに向こうに見える白い紙が的です。
5人で行って、ど真ん中ぶちぬいたのは私だけでしたwww
ダーツやってたから、遠くのものに当てるのが得意なのかもしれない。



これ、うっかり日本に持ち帰ろうとすると、空港で止められるみたいです。
みんなも気をつけて!





■場所の情報

名前:射撃場「ターゲットゼロ」
住所:Subabas-Bas,Lapu-Lapu City,Cebu 6015
電話:0917-327-7666(携帯電話・日本語OK)
営業時間:9:00~19:00
使用可能通貨】:フィリピンペソ、日本円、US$、クレジットカードは使用不可
ホームページ:http://targetzero.jp/
インターネット環境:確認してない




View Larger Map


相当わかりづらい場所なので、セブ側からタクシーで自力で行くのは至難の業かもしれません。
(そもそもセブで拾ったタクシーが、マクタンのターゲットゼロを知ってる訳がない)

私たちは、ドライバーとターゲットゼロのローカルスタッフに電話で会話してもらい、なんとか辿り着いけました。400ペソくらい請求されたかな。

帰りは、ターゲットゼロのスタッフさんにどこかのガイサノまで送ってもらい、そこからタクシーでセブに戻りました。

渋滞ハマると1時間かかるかもしれません。



実弾打つなんてなかなかできない体験なので、セブに行く機会がある人はぜひ行ってみるといいですよ!





ご覧いただきありがとうございます♡
何かの参考になりましたら、ぜひシェア・フォローお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive