Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2013年11月12日火曜日

(9)ロンドンに短期留学していた話 〜ロンドンでの就活編〜



ここにも書きましたが、「せっかくロンドンにいるんだから、就職活動してみよっか」と安易に考えて、レジュメを数社に送ったりしていましたwww


なぜロンドン?
キャリア云々なんかじゃなくて「ロンドンが好きだから」「プレミアリーグ見れるから」「英語の国だから」っていう、それだけです!!真面目じゃなくてすみません!!


「イギリス 就職」ってワードして検索すると、JACさんが一番上に出てくるんですよね。
気になる案件もあったので登録してみたんですけど、


「ナシのつぶて」


でした。
日本のJACはいい評判聞くんですけど、ロンドンは無視ですか…


まぁよくよく考えると、短期留学の学生ビザだから、法的には就職活動なんかしちゃいけないんでしょうけどね。


Envelopes
via Kevin Steinhardt



とまぁ私はそんなに本腰入れてなかったんでいいんですけど、おなじ語学学校の人で普段はイギリスの大学院にも通っている韓国人女性、彼女は英語もうまいし私よりスキルもキャリアもものすごく高そうな人なのですが、彼女曰く、


「レジュメを送っても、返事来るのはせいぜい1通」

「年々外国人には、特にEU圏外の人は厳しくなっている。イギリス人ですら仕事がなかなか見つからないから、外国人は余計に厳しいし、外国人を採用するにあたり、その企業は『なぜその人を雇うのか、イギリス人じゃダメなのか』というような書類を移民局(かどこか…記憶怪しい)に提出しきゃいけないから、とにかくハードルが高い」

とのことで、ハンパな気持ちでレジュメ送っていた自分を軽く後悔したものです。


いつかはロンドンで生活したいなぁと今でも思ったりしますが、フィリピンみたいな常夏の国に慣れるとロンドンの真冬を耐えられる気がしないので、お金に余裕ができたら、夏にバカンスで行くのがベストだわね〜。


質問などはお気軽にどうぞ〜。




セカ就!  世界で就職するという選択肢
森山 たつを
朝日出版社
売り上げランキング: 16,203


ご覧いただきありがとうございます♡
何かの参考になりましたら、ぜひシェア・フォローお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive