Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2013年11月13日水曜日

(10)ロンドンに短期留学していた話 ーセブとロンドンどっちがいいかー



よく聞かれるんですよね〜。「どっちがよかった?」って。

そりゃー、プレミアリーグのあるロンドンに決まってるじゃないですか


個人的には、
「総合的な英語力が上がったのはロンドン」
「面接対策をコスパよくやれたのはセブ」


って感じです。
セブはマンツーマン、ロンドンはグループクラス、目的もそれぞれ違うので、一概に「どっちがいい」とは言いづらいんですけどね。

東南アジアでの就職を考えてなかったら、たぶんセブの2回目の留学はありませんでしたし。

ロンドン留学時点で33才・TOEIC785、セブ2回目の留学時点で34才・TOEIC840だった私の目線です。


ロンドン留学のよかったところ


・24時間英語漬け。
・周りの留学生がしゃべれる人だらけで、みんな英語力が高い(高く見える)から、とにかく焦る。
・喋らないと空気だから必然的にしゃべる。授業も、日常会話も。
・日常会話は、ロンドン滞在時が一番レベルアップしたと思ってる。今よりも。
・「せっかく高いお金出して来てるんだから勉強しなきゃヤバい」という気になれる。
・退路を断って来ている人が多い。仕事辞めて来た、大学院決まらなかったら帰る(でも仕事探しはそれから)、などなど、だから、「私ももっとがんばらなきゃ」という気になる。
・元々ロンドンに行きたかったし好きな場所だから、それだけでテンション上がる。


ロンドン留学のウィークポイント


・冬は寒い。とにかく寒い。
・授業料・滞在費共に、セブと比べるととにかく高い。
・たまに、「こんなに英語しゃべれない私なんて爆発しろ」という気分になる。

セブ留学のよかったところ


・マンツーだから、自分専用の授業を組んでもらえる。
・マンツーだから、わからないことをなんでも聞ける。
・授業料、滞在費共に、ロンドンと比べるととにかく安い。

セブ留学のウィークポイント


・ロンドン時代に感じた「(英語力という意味で)周りの生徒からの刺激や焦燥感」があまりない。
・学校以外では日本語オンリーになってしまう(これは選ぶ学校次第)。
・「南国!リゾート!遊ばなきゃ!」という気になる。


まとめ

フィリピン+ネイティブの国という組み合わせは、コスパ考えるといいと思う。
あとは、どの国だろうが、自分の目的・信念をしっかり持ってそれのために進むのであれば、国は関係ないかな〜。



以上、ざっくりですが、セブとロンドンの比較でした。



ご覧いただきありがとうございます♡
何かの参考になりましたら、ぜひシェア・フォローお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive