Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2013年10月19日土曜日

#フィリピン でブロードウェイ・ミュージカル「WICKED」が見れる!

フィリピンって、映画やミュージカルと言ったエンタメが皆無…だと思っていました。全国のフィリピン人の皆さんごめんなさい。





誰が演じるんだろう、と思って調べてみましたが、どうやらオーストラリアの人のよう。
2年前に本場ブロードウェイで見ましたが、当時は英語がからっきしダメで全然理解できなかったので(後でネットで調べてやっと把握)、今なら多少は理解できるんじゃないかと期待しています。

まさかフィリピンでこの手のミュージカルを見れるとは露にも思わなかったので、ぜひ見に行きたい。
という訳で、誰か見に行きませんか!?
一人でも行くけど!

ロンドンほど「今週はどのミュージカル見ようかな」なんて贅沢なことは言えないけど、嬉しいニュースでした。

ブロードウェイ・ミュージカル「WICKED」

ストーリーは、アメリカでは誰もが知っている少女ドロシーの冒険物語「オズの魔法使い」の裏話として構成され、西の悪い魔女・エルファバと南の良い魔女・グリンダの知られざる友情を描いている。 原作は1995年に刊行されたグレゴリー・マグワイア著の「オズの魔女記 (Wicked: The Life and Times of the Wicked Witch of the West)」。エルファバ (Elphaba) の名前は『オズの魔法使い』の作者ライマン・フランク・ボーム (Lyman Frank Baum) の頭文字L、F、Baから作られた。この作品は西の悪い魔女エルファバの視点で描かれ、オズの魔法使いの裏の歴史物語としてもの悲しく語られている。 『オズの魔女記』をウィニー・ホルツマンが書き直し、スティーブン・シュウォルツが曲を付けたミュージカル版ウィキッドは、原作を大幅に脚色しなおして、テンポがよく趣のある作品に仕上がった(そのため、キャラクター、ストーリーは原作とは異なっている)。境遇の全く異なる魔女2人の友情やボーイフレンドとの三角関係に焦点を当てながらも、肌の色の違いや動物たちに象徴させたアメリカ社会が抱える弱者への差別問題がある。湾岸戦争がきっかけで制作されたミュージカルであるという話もあり、「アメリカにはアメリカの正義があり、イラクにはイラクの正義がある」といった「表の正義と裏の正義」、「正義とは一体なにか?」といったところにメッセージを込めたいといった製作者の思いがあったという裏話があり、最後にはどんでん返しも用意されている。ちなみに、ミュージカル版にはオズの魔法使いにも出てくる、ブリキ男、カカシ、空を飛ぶ猿たちが誕生秘話も含めて登場する。意気地のないライオンは尻尾だけ、ドロシーは影絵だけで、愛犬トトは名前しか出てこない。
via ウィキペディア


公演概要

Date of Performances:22 Jan. 2014 - 23 Feb. 2014
Ticket Prices:Emerald:7,000PHP、A:5,800PHP、B:4,500PHP、C:3,500PHP、2,250PHP、1,750PHP
(Ticked prices are exclusives of TicketWorld fee and Ticket Protect)
Venue:Tanghalang Nicanor Abelardo(CCP Main Theater)

View Larger Map




ご覧いただきありがとうございます♡
何かの参考になりましたら、ぜひシェア・フォローお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive