Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2013年10月29日火曜日

RYOAKIレンタカーで行く!タール火山編

三連休の中日にちょっと遠出してみました。




こんなところに。(足元に注目)
期せずして愛社精神のあふれるポーズになりました。
私の所属企業は、想像にお任せします。
そしてバレエの嗜みはありません。




ここは、「タール火山」という世界で一番小さい火山らしいです。
私の後ろは火山口にできた湖。
なんだか、北朝鮮の白頭山と天池を彷彿としますね♪♪



場所はこのあたり。

View Larger Map


ご覧のように、「湖の中に火山があって、火山口にも湖」なんていう、不思議な場所なのです。
ちなみに湖はボートで渡ります。
ボート乗り場で「4850ペソ、馬代は別」と言われましたが、戦友が気合で交渉してくれたのと、私が「別に違うところ行ってもいいし〜」とダダこねたおかげで、4000ペソ(しかも馬代込み)に値下がりしました。最初の価格設定はなんだったんだ。

道中、「1000ペソやで〜」という客引きがいたのですが、彼らにお願いしたらその金額で行けたのかもしれません。


ちなみにボートはこんなカンジ。




セブで乗ったバンカーボートよりも小ぶりです。
ただの板の上に座るだけなので、お尻(というか坐骨?)がものすごく痛くなります。
30分くらい乗ったかな…
その昔、ハーフパイプのドロップインに失敗して坐骨を骨折した私としては、とにかく痛いwwww



で、火山と言われているエリアに到着した私たち一行を待ち受けているのは…

馬!




この馬に乗って、山頂を目指します。だいたい20分くらい。

徒歩でも行ける距離ですが、会社の同僚曰く、「馬のう●こが半端ないから、絶対に歩かない方がいいです」と言われました。実際に、う●こがたくさん落ちてました。乗ってる最中に急に馬が止まって何事かと思ったら、ガイドのジェニー曰く「ぷーぷー(つまりう●こ)」だそうです。




頂上はこんなカンジ。





下を向くとこんなんです。





もちろん何枚も記念ポーズ。
あ、このポーズは「Y」になっちゃったテヘ。


足元の岩の色見て欲しいんだけど、なんとなく赤いんですよねー。
さわってみると暖かい。たまに岩の隙間から煙が出てて、「火山だね〜」と当たり前の感想を言い合いました。



すごくない??Smartの4G届いてましたよ。




ガイドのジェニーが写真撮ってくれました。イメージ的にはベルばらのオスカルを期待したのですが、私、すでに坐骨が痛くて疲れ果ててますwww




ガイドのジェニーは24才。14才からこの仕事を始めて10年。同業の旦那と結婚して一児の母。子どもは、ジェニーの祖母が面倒見ているそうです。

ガイドたちは、この火山の麓に住んでいて、1000頭近くの馬がいて、ガイドたちは一日一仕事したらそれで終わり、みたい。









彼女たちはここしか知らず、ここで仕事して結婚して子ども産んで一生過ごすのか、子ども達もこの仕事するしかないのか?とちょっといろいろ思ったりもしたけど、最近話題になった「僕のお父さんは桃太郎とかいう奴に殺されました」を思い出して、なんかもう訳わかんなくなったよー。


タール・ビスタ・ホテルでのランチ、動物園、空飛ぶ(?)ジップライン、Nuture Spa、日帰り観光のルートや予算感の話は続編をクリック





ご覧いただきありがとうございます♡
何かの参考になりましたら、ぜひシェア・フォローお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive