Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2013年10月15日火曜日

フィリピン南部でM7以上の地震が発生、セブやボホールで建物倒壊などの被害が出ています。

フィリピン南部でM7.4の地震、津波のおそれなし ロイター
「米地質調査所によると、フィリピン南部でマグニチュード7.4の地震があった。太平洋津波警報センターによると、津波のおそれはない。
震源はミンダナオ島北部からボホール島にかけての地下35キロメートルの地点。」


フィリピンでM7.1の地震、余震10回以上 CNN
「震源地は首都マニラの南南東約619キロに位置するボホール島付近、震源の深さは20キロ。10回以上の余震が発生しているという。(略)太平洋津波警報センターは、広範な津波発生の恐れはないとしながらも、この規模の地震では震源から100キロ以内の地域で津波が起きることがあるとして警戒を呼びかけた。」



留学中に住んでいた、震源から60kmほど離れたセブ市でもいろいろ被害がでているようです。
(現在はメトロマニラのマカティ在住です。ご心配くださった皆さん、こちらは揺れておらず、何も被害は出ていません。)
ソースがどこか忘れたのですが、セブ・マクタン空港は滑走路に亀裂が入って欠航が入っているという情報も入ってきました。


コンドミニアムの高層階、前に住んでいた語学学校の寮、かなり揺れたようです。
耐震とか免震なんて概念がない国なので、いろいろ考えるとゾッとします。



外で避難する人々。



左上のガイサノ、よく買い物に行ってました。



こちらはAYALA。



サントニーニョ教会。



こちらはセブより震源地に近い、ボホールの教会。



赤十字のアカウントより。





余震も続いているようですが、これ以上大きなことが起こらないよう祈っています。

避難グッズ(水とか缶詰とかロードカードとか)、揃えなきゃと思った朝でした。



ご覧いただきありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive