Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2011年12月12日月曜日

#ivs にスタッフで行ってきました




5月の札幌、8月の学生向けWorkShopに続き、今回もボランティアスタッフとしてIVSに行ってきました。
今回はB会場のステージ担当兼司会。

会いたいと思ってる人たちといっぺんに会えるし、
面識作りたい人にもアタックできるし、
オフレコセッションのあんな話やこんな話も聞けるし、
5月に参加していろいろ感じた後の自分を振り返るいい機会でもあります。

もちろん、スタッフで参加しているのでスタッフ業務が最優先ですが、その中で最大限、楽しませて頂きました。

印象的だったことをいくつかピックアップします。
※スタッフ業務的にセッション中が一番気が抜けないので、IVSのセッション本番のことは実はあまり覚えてない…だからそれ以外のことが多いかも

■Launch Pad
「Launch Pad」とは日本語では「発射台」という意味です。米国の「Web 2.0 Summit」「DEMO」などではスタートアップ企業の新しい製品・サービスのプレゼンテーションの場が存在します。Infinity Ventures Summitの「Launch Pad」は日本のベンチャー企業の登竜門になることを目指しています。
※IVSのサイトより

登壇者の中で、うまいな〜と思ったのは、やっぱり優勝したもっち君

ソーシャル時間割サービス「すごい時間割」のプレゼン。
発想はもちろんのこと、実際にローンチした後の使われ方を見てからの気づきや工夫などなど、すごいなぁと思いました。

表彰式での前田君の表情も印象的でした。

そして、今回残念ながら受賞は逃したけど、
凄腕ニートエンジニアを今すぐ召喚 「ウォンテッド」を発表した仲暁子さん。
以前、Facebookのウィルの家でのパーティでチラッと見た気がするんだけど(もしかしたら人違いかも?)、実際にちゃんと会ってお話したのは今回が初めて。
LaunchPadの登壇者サポートスタッフとして、リハーサルの時から個人的に注目してたんだけど、ステージ上で話す姿を見て、タダモノじゃないな〜というか、勢いあるな〜というか、とにかくすごいと思いました。
っていうか、かっこよかった。

前回のLaunchPadに登壇した米良さんもそうだけど、こういう場で活躍できる女性がいることがすっごく嬉しい。
女性だからって贔屓するわけじゃないけど、やっぱり応援したい。

LuanchPadのアーカイブがあるので、ぜひご覧ください。
登壇者皆さんのプレゼン、本当に素晴らしかったです!!!

・スタートアップ企業の新製品・サービスのプレゼンバトル「LaunchPad」間もなくスタート【増田(@maskin)真樹】#IVS2011Fall
http://techwave.jp/archives/51717676.html
・IVSのプレゼンバトル「LaunchPad」(前編) #IVS2011Fall
http://techwave.jp/archives/51717735.html
・IVSのプレゼンバトル「LaunchPad」(後編) #IVS2011Fall
http://techwave.jp/archives/51717736.html
・Launch Pad » Infinity Ventures Summit
http://www.infinityventures.com/ivs/launch/

■高台寺の参観とウェルカムパーティ
スタッフ兼ねて参加させていただきました。
高台寺の夜景、とにかく素敵でした…




そしてパーティ会場へ。

料理がすっごく美味しかったー!
今回の料理の中で、ここの料理が一番おいしかった★

いろんな方と久々に会ったり初めて会ってご挨拶させていただいたりで、参加できてよかった〜とつくづく思いました。

■Wondershake鈴木君と再会
最後に会った時はWondershake公開前だったかな。数カ月ぶり。
学生時代はまだまだ幼いというか「学生さん」っていう表情だったんだけど、久々に会ったら精悍な顔つきになってて、いい表情するようになったな〜と思いました。
これまでの経験が顔に刻まれるってこういうことなのかな。
最近いろんなところでWondershakeの話題を耳にするし、今回はIVSスタッフで来てた学生さんが「Wondershakeの人が来るらしい、楽しみ」と言ってたのを聞いて嬉しかったし、これからのますますの活躍、期待しています。

■Microsoftのショーは毎回楽しみ
リハーサルの段階から立ちあわせていただきましたが、準備のあれこれや本番のショーを見て、ショー自体のクオリティの高さはもちろんのこと、WindowsPhoneやキネクトってやっぱすごいなぁとつくづく思いました。

写真は、キネクト専用ソフトのスターウォーズでフォースを発動するウチの井口さん。

MSのロゴをモチーフにしたイヤリングもいただきました。

MSのエバンジェリストの皆さんのファンなので、微力ながらスタッフとしてお手伝いできて本当に嬉しかったです。


■スタッフ業務を振り返り
これは、7日の午前かな。
招待客の名札をテーブルにずら〜〜〜っと。
ナル(本人許可済みでアップしてます)の笑顔が印象的w

IVSはスタッフだけでも数十名。
ステージ、受付、誘導、通訳、いろんな業務に分かれていてそれぞれのタスクをこなします。
以前一緒にスタッフやったメンバーとの再会はもちろん、新しく加わったメンバーとの出会い、楽しかったです。
@daisuke344をスタッフに呼ぶことができていい刺激を受けたみたいで、よかったな〜と思ったし、@ishidaianがLaunchPadの@mocchiccの優勝を見て喜んでいるだけじゃなくて「自分は…」と悔しがってるのを見て印象的だったし、北海道から@taro_nishikawaが来たのも嬉しかったし、8日の最後のパーティの後、@smasa0810@taro_nishikawaと三人でやった2次会も楽しかったww
@daisuke344がたまたま日本にいたのでスタッフに誘ったのですが、ものすごく喜んでもらえました。彼自身いろいろ学ぶことが多かったと思います。いいキッカケになってよかった。

自分は、B会場の司会とステージ担当の兼務でした。
同時通訳のレシーバー、開始時刻、セッション開始のアナウンスは英語の原稿も用意しました。
(セッション2Bの直後に)
おかげで「康さんって英語もできるのね。すごい」と言われましたが、あれは「用意した原稿を読んでいるだけ」ですw
谷口さんからは「英語になると途端にそっけなくなるよね」と突っ込まれましたが、読むのでイッパイイッパイでしたorz

セッション3Bが、ちょっとしたコミュニケーションミスの積み重ねで不手際が勃発しまくりだったのが心残りです。
関係者の方々、申し訳ございませんでした。
その反省、教訓を、ステージB担当のみんなと共有し、8日のセッションに生かせたのはよかったなぁと思っています。
B担当のみんな、ありがとう。

9日のWorkshopとスタッフ打ち上げに参加できなかったのが本当に心残りです…





そんなわけで、楽しみにしていたIVSもあっという間に終わってしまいました。

今回はスタッフ業務だけでなく、実は会社の大きな発表もIVSでお披露目することになっていたので、実はいろいろ大変でしたが、その話はおいおい。

0 件のコメント:

Blog Archive