Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2011年12月11日日曜日

グリーンスムージーで快便生活 #greensmoothiejp #グリーンスムージー

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


友だちから「グリーンスムージーがハンパない」というのを聞き、11月上旬から試しています。

実際この1ヶ月試してみてわかったのは、何がハンパないって

・便秘がちだった私が、ほぼ毎日快◯
・飲んだ翌日でも太らなくなった(どちらかと言うと体重減少傾向)
・二日酔いの度合いが軽くなった

なんとなく健康になった気がする。
毎日ハッシュタグつけてTweetしてると聞かれることも増えたので、簡単にグリーンスムージーについてご紹介。

グリーンスムージーとは、緑の葉野菜とフルーツと水をミキサーで混ぜ合わせたスムージー、たったそれだけのものです。
体に起きる変化は人それぞれ。デトックス効果による便秘解消や美肌効果、体重の減少、むくみ体質の劇的な改善による体型の変化、他睡眠の質が向上したり、疲れにくくなるなどのエネルギーアップ効果、冷え性やアレルギー症状など様々な体の不調改善などはほんの一部。
(略)
グリーンは「魔法のスポンジ」と呼ばれる食物繊維を豊富に含みます。この働き者のスポンジは、体の中のいらない毒素を次から次へと吸収して、排せつすることで体の外に押し出してくれます。
食物繊維が足りないと便秘になってしまいます。何が起きるでしょう。体は、中に溜まった悪いものを他の場所から押し出そうとします。その結果、目やに、鼻水、汗などの粘液の量が増えたり、吹き出物など肌荒れという形で表面に出てきます。
食物繊維は美容の面でもう一つ大切な働きをしてくれます。繊維というのは抗酸化物質です。つまり体の酸化を抑えてくれるので、豊富に取り入れることで若さを保ち、アンチエイジング効果が期待できます。

※詳しくはこちら
グリーンスムージーをはじめよう!
仲里 園子・山口 蝶子
文藝春秋
売り上げランキング: 1110


まぁなんかいろいろ書かれてますが、あまり難しく考えると続かない気がする。
私が意識してるのは
「体にいいし便秘解消になるなら続けよっかな」程度。

食生活も不規則だし、毎朝野菜ジュース飲む感覚で健康な体になるなら儲けモンじゃん、みたいなw

そして続けてみて1ヶ月。冒頭に書いたように、健康な体になっている気がします。
ちなみに今年に入ってからブクブクと太り始めて10月には史上最高値を記録したんだけど、その頃と比べると4kg痩せました。

作り方は簡単です。
「果物と野菜をミキサーにかける」だけ。

例:
いちご1パック、バナナ2本、ブルーベリー少々、小松菜3株

洋梨3、キウイ2、バナナ1、レモン1/2、小松菜4株、生姜と水少々

グレフル2、バナナ1、洋梨1、小松菜6株、生姜と水少々

種なしぶどう1パック、洋梨3、レモン1/2、小松菜4株、生姜、水

みかん5、キウイ2、バナナ2、レモン1、オレンジパプリカ1、生姜少し、水少し


とりあえず、以下のものは常備するようになりました。
・みかん
・洋梨かリンゴ
・バナナ
・キウイ
・レモンかライム
・ほうれん草か小松菜
・生姜

この中で組み合わせれば、ハズレはないはず。

野菜は、でんぷん質のものは果物との食べ合わせ次第では腸内でガスが発生しやすいとか、いろいろ愛称があるらしいんだけど、その辺は本読んでくださいな。

他にも、ネットで探せばレシピはたくさん出てくるから、お好みの味を探して作ってください。

飲み方としては、私は朝イチ起きて作ってゴクゴク。
前後1時間は何も食べてない状態で飲むのがいいらしいからなるべくそうしてるけど、そうじゃないときももちろんある。
「必ずこうしなきゃ」とは考えないようにしている。
毎朝1リットル飲むのは大変だから、500mlは家で、残りは水筒に入れて会社持ってってる。
愛用してるのはこれ。平日は500ml。スノボの時は1㍑のを。










飽きっぽい私が1ヶ月欠かさず続けている(京都には、わざわざ作って凍らせたのを持ってったくらい)くらい、健康にいいと思います。◯秘気味な人はぜひどうぞ。

ただし、体質、病気、妊娠などなど、人によってはオススメできないらしい。
その辺はまぁ自己判断でね。






ご覧いただきありがとうございます♡
ぜひ定期購読もお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive