Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2011年3月21日月曜日

出張メモ:アメリカ出国から日本入国まで

ここに書いた通り「あー私日本人だよなー」と自覚しつつも、書面上は日本人じゃないワケで。

以下、現地時間3月18日のお話。

■オースティン空港、チェックインカウンター
係員:日本のビザは?(もちろん英語)
私:えっ日本のビザ?あーえーっと、、、(外国人登録証明書を出して)これ…ああああ日本語しか書いてない−!
係員:??
私:◯×※▽■(混乱中)
Aki氏:彼女は日本の永住権を持っています(英語…でたぶんこう言ってくれたんだと思う)
係員:OK

Aki氏のおかげで無事オースティンで飛行機に乗れました。
次に旅するときは、この手の英語も言えるようにならなきゃな…と思ったんだけど、次の旅どころかヒューストンでまた事件発生。


■ヒューストン空港、搭乗カウンター
事前にパスポートの確認が必要とのことで、一人でテクテク向かう。
私:…(無言でパスポートを差し出す)
係員A:最終到着地は韓国?(英語)
私:(隣の人と日本語でやりとりしてた&ネームプレート的に日本人だったので)いえ、日本です。
係員A:ビザは?(英語)
私:永住権あります。(と、外国人登録証明書を差し出す)(日本語)
係員A:期限切れてるわよ、ダメ。(英語)
私:えっ?いや、あの、ここ読んでください、2011年3月10日から30日以内って書いてます。それに、更新の通知が来るのは誕生日以降なんです。誕生日以降じゃないと更新できないし、誕生日以降30日間は、この状態で持っていても問題ないんです。(日本語)
係員A:ダメなものはダメよ。期限切れてるのよ。(英語)
私:プギャー(心の叫び)

実際の外登がこちら…
いちおう、番号と富士通の女子寮の住所は伏せときますが…


このやりとりを見ていた隣の係員が助け舟を出す。

係員B:見せて(英語)
係員A:(無言で差し出す)
係員B:あら、ノープロブレムじゃない(英語)
係員A:でも期限切れてるのよ。3月10日は過ぎてるのよ。(英語)
係員B:切れないわよ。3月10日から30日以内って書いてるじゃない。ノープロブレム。(英語)
係員A:(なんか腑に落ちない様子ながら)わかったわ(英語)


よかった…
まさかこんなところで足止め食らいそうになるとは思いもよらず、かなり焦りました。
係員Bが助けてくれなかったらどうなってたんだろう…orz

過去にグアムでもバリでもこういうトラブルがなかったので、想定外でした。

日本語話せるはずの相手だったとはいえ、英語でちゃんと言えるようにならないとなぁ…



■成田空港 入国ゲート
入国ゲートって、「日本人+特別永住者」枠と、「外国人」枠があるんですよね。
(昔は、「日本人」枠と「外国人」枠だった)
手前の「日本人+特別永住者」枠の列に並んでたんだけど、奥の「外国人」の列がスカスカだったので、そっちに並び直し…たら、

係員:あの…こちらは日本人の方は…
私:あ、外人でーす(パスポート見せる)
係員:あ、そうなんですね、どうぞどうぞ

いやー日本人は丁寧だわ…

日本の温もりを感じました。
ありがとう日本。
ただいま日本。

出張メモ:このあと書こうと思っているテーマまとめ

日々のhogehogeを書き連ねるのも芸がないし、会社向けにちゃんとした報告もちゃんとまとめようとも思っているのですが、ブログには以下なカンジで時間がある時にざっくりとまとめていこう…と思っています。


・domoの話
・Help Save Japanの話
・現地で出会った人々と音楽
・食べたもののログ
・アメリカ出国の話


あ、たぶん、アメリカ出国の話は今書く。


以下は自分用備忘録。
ツイートのソースを取得するのはここ。
http://media.twitter.com/blackbird-pie/

2011年3月11日から12日 〜東日本大震災を成田空港で被災した話〜


ここにチラッと書きましたが、その後〜オースティン到着までの話。

何もなければ、11日の午後5時10分の便に乗っているはずでした。

3月11日午後2時46分とその後の大きな揺れの後、空港スタッフから外への避難指示。
スーツケースとチャンゴは「置いてってください」とのことで外に放置し、

※これは、夜に引き取りに行ったときに撮ったもの

同僚2名(Tommy氏とAki氏)と空港脇の駐車場に一時避難。

午後3時半頃。



今思うと、この時が一番キツかった。

・このまま飛行機が飛ばなかったらどうしよう
・このままずっとここにいることになったらどうしよう
・ていうか寒い(オースティン行きに備え、薄着で来てた)


午後4時頃のツイート。



空港で働いている友だちAと、mixiボイスでやりとりしているウチに


・滑走路が一部割れている。


という情報も得た。

うむむ…先行き暗い…



そして「都内雨降ってるらしい」という情報。

マジでーorz


ふと思い立ち、親に電話。携帯は繋がらない。ダメ元で店の固定電話にかけた。



私:もしもし?オモニ?
相手:・・・
私:オモニ?アボジ?
相手:・・・ツーッツーッ



えええええええええ



店がグチャグチャで息絶ええてるんじゃないかとかあらぬ心配をしてまたかけたら、フツーにオモニが出た。



私:オモニー!
母:あらー!あなたどこにいるの?飛行機は?
私:まだ成田空港、飛行機どうなるかわからない。店は大丈夫??(焦って超早口)
母:んもー大変よぉ〜〜グラスとかいろいろ割れちゃって…冷蔵庫も壊れちゃって…水道管も破裂して…
私:えええええ(涙



店が営業できなくなったら我が家はどうなるのぉー(号泣

そうこうしているうちに、空港ターミナルの1Fが開放。

17時頃、一旦中へ。



身内と連絡とりつつ、ANAのカウンターで情報を仕入れつつ、トイレは50人待ち。プギャー。




そしてセルカン氏とも無事合流。

この時点で夜18時。成田空港にいたままじゃ、食料も調達できない、このままここで夜を明かすのか?どうするのか?と4人で協議していたら、overlast氏かnokuno氏のツイートで、成田空港にいたはずの彼らが夜ご飯を食べてることを察知。
(二人は前職の後輩。たまたまおなじタイミングで成田空港にいた)

これはDMのやりとり。

私:どうやって行くの?(行き方を知りたかった)
overlast:歩きで

ちがーう!行き方を知りたかったのー!と思いつつも、調べりゃいっか、と調べ、徒歩10分圏内ということがわかり、「こちらへどうぞ〜、ご飯食べれますよ」という言葉もあり、4人で移動することに。

そして午後7時頃。








実は前職時代はほとんど面識なくて、sobe2で会ったことはあるんだけどほとんど顔がわからなかった。
だから、まともに会話するのはこの時初めて。
でもなんかホッとしてねぇ。涙がこぼれた。

彼らと情報交換しつつ、私たち4人は運良くまともなご飯を食べることができた。

夜9時。成田空港のサイトより、私たちが乗る予定の便が「欠航」扱いになったことが判明。





代わりの便は?どうなるのか?
羽田発でもいいし、ヒューストン経由じゃなくてもいいし、代わりの可能性を会社の上層部が調べてくれつつ、こちらは二手に別れ、私たちは一旦情報収集しに成田空港へ。
22時頃。










Aki氏とSerkan氏はすでにチェックイン済みで荷物も預けっぱなしだったんだけど、南ウィングが封鎖されているおかげで荷物は"ある意味"無事な状態。

結局、空港スタッフとしては「各航空会社に問い合わせて」というスタンス、コンチのスタッフには会えず、明朝電話するしかないか…


で、たまたま、上に書いた人とは別の、成田空港で働く友だちB(バイト時代の先輩)と感動の再会。




いつどうなっても(代わりの便が飛ぶ…などの情報を得られるよう)いいように、成田空港で夜を明かすか…という時に、Tommy氏が成田エアポートレストハウスで部屋をゲットしてくれたので、一旦ホテルへ。

コンチのサイトによると、私たちが乗る予定の便が12日に振り替えになるっぽい。
臨時便に期待しつつ、寝ようとするが…
朝4時頃。




何度もやってくる余震で、正直いろいろ考えてしまい眠れない。
部屋には風呂もあるけど、風呂入る気分でもないし、もしまた大きな地震が来たら…と思うと、着替える気にもならかった。

ほとんど眠れないまま朝を迎えた。
ホテルで朝食。




アンドロメダ!?
地震以降、初めて笑った気がする。


ちなみに早朝の段階で、コンチのサイトでも、私たちの便が欠航扱いに。
自分たちが行けなかったとしてもSXSW用に作った名刺、ステッカー、Tシャツをなんとか送れないか…といろいろ調べたりしていたら…




もしかして、臨時便が出るんじゃないか?という望みが少しずつ湧いてきた。

10時頃、コンチの国内の番号と、海外の番号にダメ元で電話。
ずっと繋がらなかったけど、30分くらい粘ったら、国内のコンチにつながった。




ちなみに、コンチの人と会話中に、携帯の電波が切れた。
同時進行でTommy氏が空港カウンターにいたので、振り替えの最終確認をTommy氏がしてくれ、
ヒューストンまでは確実に行けることが判明。

神様殿様仏様…(号泣)

がしかし!
セルカン氏、突発性難聴で左耳が聞こえないことが判明。
長時間のフライトで悪化するリスクもある…

何はともあれ医者に行った方がいいってことで、セルカン氏は空港の病院へ。
(その後、空港には耳鼻科の医者がいなくて別の病院に行くことになったが)

結局、Tommy氏とAki氏と三人でヒューストンに(まではなんとか)行くことに。


12時頃と13時ちょい前。







そして飛行機が無事飛び立った…のですが。


すんげー揺れる!マジ揺れる!つーか怖い!無理!


地震の恐怖が蘇り、前夜テレビで見たニュースを思い出し、日本はどうなってしまうんだろう、店は大丈夫か?とかいろいろ考えてたら涙が止まらず、声を殺して泣いた。えぇ泣いたさ。
精神的にきてたのが一気に吹き出した。
こんなに泣いたのいつぶり?っていうくらい泣いた。ずっと泣いてた。
そのまま過呼吸起こしかねなかったけど、隣のアメリカンの女性が、私の異変に気づき声をかけてくれた。
「ヒューストンに住んでるの?」「家は日本です。仕事なんです」「大丈夫?」「大丈夫」「私の旦那が空港に迎えに来てくれるから、アナタの行きたいところまで乗せてってあげるわよ」「ありがとう…あっ、私、一人じゃなくて会社の同僚といるんです。大丈夫。ありがとう」

(私の英語は相当怪しいので、意訳)


ありがたくてまた泣いた。
なんでみんなこんな優しいんだろう。


とまぁしこたま泣いて、Aki氏とTommy氏にめっさ心配かけつつも、字幕ナシのバーレスクを見てちょっとテンション上げて、寝ようと思ってお酒ガンガン飲んだけど一睡もできないまま、無事ヒューストンに到着。





着いた…やっと着いた…アメリカ…!!!

がしかし…確保できているフライトは翌日(13日)の朝…
現地時間12日の夜に予定しているパーティに間に合わない…

Aki氏がネットでコンチのフライトを調べたら、たまたまオースティン行きの便で、14:30発の便が3席空いてることが判明。ソッコー予約。

なんとか現地時間の16時頃、オースティンに着いたのでした…




長い道のりでした。
心配してくれた方々、電話やメールやD、本当にありがとうございました。

もう泣いてる場合じゃない。こっちでやることがあるんだ。



現地でいろんな人から「大丈夫?」と声かけられるたびに泣いてたんだけどね。

先に現地入りしていたyositosiに「康さんホントに大丈夫?」と心配されるくらい、泣いた。
そんなオースティンでの話はまた別途。




       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク







    Oisix(おいしっくす)




2011年3月19日土曜日

帰国した

成田スカイアクセスで東松戸に行き、そこからタクシーで自宅に戻りました。


上本郷駅、エスカレーターが普通に動いていて、面食らいました。

ガソリンスタンドはどこもクローズ。
この様子だと、しばらくは運転できないかもな。

自宅と庭の物置は、出発前とほとんど変わらない状態です。

自室が、一部棚のものが下に置かれている状態ですが、たぶん地震で散乱したものを母が綺麗にまとめてくれたんだと思います。

荷物と部屋を片付けて洗濯済ませたら、親の店に顔出しますわ。

不在時にいただいていた連絡の返事などはまたのちほど。

2011年3月18日金曜日

水没したiPhone3GSの救済方法

水没したiPhone3GS復活したっぽいです。
そこで、備忘録がてら私の経験談を書いておきます。
この方法で必ず元に戻るとは限らない…と思います。

お試しの際は自己判断で。

0.iPhoneが水没する。
※私の場合は、洗面所にはった水にポロリ。

1.そっこー水から救い出す。

2.タオルなどでふく。

3.ひたすら、外の水分をふく。

4.ドライヤーを当ててみる。たぶん高温だったはず。

5.一日、常温に放置。
※ネットで調べると「乾燥剤と一緒にジップロック」「米と一緒にジップロック」とか書いてあるんだけど、ここはアメリカのホテル。そんな便利なモノは手に入らない

6.冷蔵庫に投入。
※さる情報筋より、「冷蔵庫にいれとくといいよ」という情報を得た

7.二日間放置。

8.USBケーブルでPCとつなげて充電




そしたらですねー
iTunesとシンクし始めたんですよ。
これは、データは生きてるな、って思って、
"Addressbook.app"で電話帳を吸い上げ、
"iPhoneExplorer.app"で画像を無事吸い上げられたのでした。

でもホームボタンなどを押しても、画面はずっと黒いまま。
画面がイッちゃったかなーとふと覗き込んだら、
「メールが来てます」画面がうっすら見える。
生きてるかも!?

照度を変えたら、画面が明るくなりました(今思うと当たり前)。


というわけで、iPhone3GS、復活。


ちゃんちゃん。


徹夜で朝(オースティン時間で朝の6時ちょいすぎ)を迎えました。

今からホテルを出て、帰ります。
超眠い。

2011年3月15日火曜日

iPhone3GS水没

海外旅行中の洗濯はしない派なのですが(そこに時間費やすくらいなら寝たい派なので、基本的に着替えも下着もフル日程分持っていく)、cw-xだけは予備がなく、行きに二日間着っぱなしなので、洗面所で洗濯していまして。

脇に置いてたiPhoneも一緒に洗面所に投入してしまいました。

慌ててSIM抜いて放置してますが、たぶん無理だと思うので、リカバらなかったらこの際iPhoneを手放そうと思っています。

Andoridあるしね。

2011年3月14日月曜日

Identity

とっとと寝ろっつー話なんですけど、ほんとにほんとに、こっち時間の朝4時までには寝ます。

今回の地震の後のいろいろな感情の起伏の中で自分でもビックリしたことがあって、今までかたくなに否定していたんだけど、

「私、日本人だ」

と思うようになりました。

たぶん第三者は「だからそうだっつってんじゃん」って言うと思うんですけど、自分でそう思うか否かは別の話。

人との世間話の中で適当に話を合わせるために「まぁ日本人だしー」という事はあっても、自らそう思うことは一度もなかった。


だからと言って自分の今までを否定するつもりはなく、生みの親と育ての親がいて、両方に感謝と愛情がある、っていうカンジかな?
お母さんがリアルで二人いるわけじゃないからわからないけど。

あーやっとスッキリした。

2011年3月11日(金) 午後2時46分


2011年3月11日(金) 午後2時46分、私は成田空港第一ターミナルにいました。
南ウィング4F出発ロビーの出入口付近のベンチに腰掛けながら、前職の後輩にメンション飛ばしてました。







その直後に、揺れ始めました。

座っていたので、立っていた人ほどは震動の衝撃をうけていないのかもしれないけど、右と真後ろがガラスだったからか、出入口が近いからか、、、地面が揺れるような音と、建物が揺れるような音と、いろいろなものがきしむ音が聞こえ、ふと「ここで死んだら遺体の発掘は厳しそう」と思ったので出口へダッシュ。
しかし出口が大混乱。


自動ドアが開かなくて、人が出れない!


前は詰まってるし、後ろからいろんな人に押されるし、四方八方でキャーキャー聞こえるし、「外はすぐそこなのに出れない」と思うと超怖かった。
ガラス割ったろか?とか思ったけど、私じゃない誰かがガラスをガッコンガッコン殴ってて、でも全然割れなくてうひゃ〜〜〜って思った。
自動で何かが動いてたみたいでドアが開かなくなったみたい。結果的には空港職員が鍵を挿して手動であけてくれた。



この時、誰かのバッグか何かがぶつかったらしく、右手の人差し指を負傷しました。
(ガラスを殴った訳ではない)






みんなで外で様子見…




その後のあれこれはここに書きましたが、本当なら15時間くらいで行ける場所(オースティン)に、地震発生後から計算すると40時間かかって到着。
その間ほぼ寝れず。
ある意味グロッキー。
そんな状態で芸者姿に着替え、ごっついツケマを装着し、真っ赤な口紅を塗り、チャンゴ担いてパーティに向かった訳だけど、ビール飲んでチャンゴ叩いていたらテンション上がってきました。



感受性がものすご〜〜〜〜〜〜〜〜く豊かなせいで、暖かい声をかけられては泣き、募金ブースでたくさんの人に募金していただくたびに泣き、つーかこっち来てからけっこう泣いてるんですけど、まぁ悪い涙じゃないし、出てくるものはしょうがないので、泣きながら笑顔で「ありがとう」と返しています。
たぶん相当ブサイクですけど、そこは許してくださいまし。


アメリカから、少しでも多くの元気と勇気を日本に届けられればと思っています。



今は2011年3月14日(月)3:18(CST)です。おやすみなさい。
明日は10:30から芸者です。




       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク







    Oisix(おいしっくす)






2011年3月11日金曜日

チャンゴを借りた

SXSWにチャンゴ(朝鮮半島の打楽器)を持って行くか数日悶々としたまま出張前夜を迎えてしまった訳ですが、夜中のメールで「やっぱ持って行こう」と思い立ち、今日の11時頃に無事借りることができました。

まさに「ベンチャーならではのスピード感」ですね(・∀・)

※というよりは私がとっとと動かなかっただけ

貸してくれたのは、東葛支部って呼ばれている、いわゆる総連系の拠点。
オモニが朝イチでここの女盟委員長に電話したら、あっさり貸してくれることになりました。

ありがたや。

久々に聞く女盟委員長の在日ハングルに懐かしさを覚えながら、肩でしょう用の帯を結び、家でチャンゴの叩き方やチャンダンの感覚を少し思い出して、家を後にしました。

※ヨルチェとかクングルチェ(ドラムで言うとスティック)とか、すっごく久々に思い出した。
ちなみにどっちがどっちだか、覚えてないw

あとは、機内に持ち込めるかどうか、だな、、、、、
預けたくはないんだよね、、、、、

なんとかなりますように。

アメリカ出張!

11日から19日までアメリカ出張です。SXSWですね。

12日(CST)の夜には現地でyobongoとかとパーティ
14日〜17日はトレードショー出展、
14日にはJapanese Mobile Leaders Forum
16日にはSXSW Technology Summit

他にもまぁいろいろありますが、がんばってきます。


アメリカを「敵」とか「米帝」とか「米帝国主義」と習い、「주체조선을 위하여 항상 배우며 준비하자!」「항상 준비!!」(痛いから韓国語で失礼)と敬礼していた(させられていた)小学生の私に、

「そんなことないよ(・∀・)」

と教えてあげたいし、

高校生の頃、アメリカのビザが降りなくて留学を断念した友だちに、

「もうちょっと待てば、時代がよくなるよ」

と言ってあげたい。


ほんと、時代が変わりましたねー。


まぁとにもかくにも、人生でこんな日が来るとは、学生時代は思ってもいませんでした。


と、これだけ出身学校をDisっといてナンですが、
どこかでチャンゴを手配できないか、親と真剣に協議中。

2011年3月6日日曜日

英会話カフェ行ってきた(3回目)

今日は、21〜22時の1時間。
初めて合う女性。
最初は私含め4人だったけど、二人が21時20分頃に帰宅したので、後半はマンツー!
ラッキー!


ってことで、今日は主に

・明日会社でやる予定の、英語での自己紹介
・金曜からオースティンに行く話
・SXSWでやること
・domoの説明
・自分の仕事
・Oh my godってやっぱりあまり言わないほうがいいの?


などなどについてお話してみましたー!
わ〜い(・∀・)


自己紹介スピーチ原稿は、マシューに見てもらったものだから原稿としてはバッチリなんだけど、私がそれをちゃんと言えるかという確認と、ネイティブスピーカーの人に聞いてもらえ理解してもらえたのは、大きな収穫でした。
(スピーチの時間に会議があるので、スピーチが流れるかもしれないけど…そしたら木曜に繰り越しかな…)

どうせならdomoの紹介原稿も、つたない英語じゃなくて、ちゃんと原稿覚えて臨めばよかったな。もったいないことしたわ。


リスニング力は、少しずつ、本当に少しず〜つ、上がっている気がします。
(彼女がわかりやすい話し方をしてくれてるのかもしれないけど)
継続は力なりね。

出発まであと5日。
ふぅ。緊張。

Blog Archive