Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2010年12月7日火曜日

2010.12.07 ヨーロッパ旅行6日目 前編 アムステルダムからパリに移動編

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


朝起きて、
「おはようございます。オランダは7:46。外はまだ真っ暗。」
とツイートしたら、なんとたまたまおなじ日程でドイツ・チェコを回っている@tahosook氏起床時刻がかぶって笑えたww


さて、朝ご飯。ビュッフェですね。
いいカンジのビジホ的なラインナップで、とても好感もてました。



身支度をして荷物を持って移動。
トラムは自転車を持ち込み可能。隠し撮りしちゃった。
道行く人も、自転車率が高かった。




9:30にLayarへ。
もちろん、昨日もらったLayarTシャツを着てね♪
この日もかなりの濃霧。




夜は気付かなかったんだけど、けっこう、凍結してる…
こんなところで転んだらたまったモンじゃないw




昨日と違い、受付に「今日はアポがあるんです!」となぜか自慢げに話し、すんなり通してもらった。
待ってる間カフェにいて、と言われてカフェへ。
どうやら従業員はコーヒーなどなどがタダで飲めるっぽい。




Co-founderのClaireさんと会った。素敵で美人な女性☆
わざわざ日本から来てくれてありがとう!と彼女も私を大歓迎してくれた。
「お会いできて嬉しい、電脳コイルのヤサコたちがいてビックリ!」と言ったら、
彼女も「私たちは電脳コイルに超インスパイアされてるわ。素敵よね」と。
会社のみんながそう言うって、すごいよね。

案内してくれた人に、「アムステルダムっていつもこんなに濃霧なんですか?」と失礼なことを聞いてみた。
「そうでもないんだけど、今日はちょっと酷いわね」と。(たぶん)。

また来てね!また来ます!と挨拶し、スキポール空港に向かう。
Layarの皆さん、本当にありがとう!!

トラムに乗って、アムステルダム中央駅へ。
昨日は暗くて街を堪能どころじゃなかったので、いちおうオランダ的な写真をば。

アムステルダム中央駅。
ちなみに、"Amsterdam Centraal"が正式名称。"A'dam Centraal"と略すそうな。




オランダの建物の特徴として、「窓が細長い」というのが挙げられると思う。




そして駅。
紙幣、もしくはカードが使える券売機がなかなか見つからなくて、ちょっと大変だった。




本当はここからタリスでパリにも行けるんだけど、スキポールに荷物を置いてるので、一旦はローカル電車でスキポール空港へ。
今思えば、無理してでもスーツケースでそのままアムスに来ればよかったなぁ。
そしたらステッカー忘れることもなかったし、アムスからパリに直行できたのにな。

私が乗ることにもなる、タリス。車体が赤なのね。この写真はアムスにて。




難なくスキポールに到着。
売店でビールを買い込み(ハイネケンもヒューガルデンも、2ユーロしないの!超安い!)、11:30発のタリスに乗車。
荷物は座席の上の棚に置きました。
N'exや京成スカイライナーにもあるような「荷物置場」的なスペースもあるんだけど、視界に入らなくて不安だったので。
ちなみに「置きました」と書いたけど、20km超の荷物を一人で持ち上げられるわけもなく、乗務員の人に手伝ってもらった。

タリスのスキポール→パリ間は、一等車で日本円で10700円だったかな。
乗車時間はだいたい3時間強。
ベルギーのブリュッセル→パリ間は最速で300kmも出るという、超早い電車です。
こういうルート。


陸続きで国境を超えるのが初めてなので、かなりワクワク。
しかも、ただ通り過ぎるだけとはいえ、ベルギーも通過するし!

これで新幹線の東京→新大阪間より安いと思えば、お得よね。
ちなみに、食事が出る&席が広い、ということで一等車を取りました。




席は、日本の新幹線のグリーン車より広い。
1列に3席(1席 - 通路 - 2席)しかない。
超ゆったりできて、しかも車内でWifi使えるから、ホントはこの乗車中にPCでいろいろ日記を書きたかったんだけど、まぁ12/6の日記の通りPCはもう充電が切れちゃったので、諦めてiPhoneでいろいろツイートしながら食事を待った。


まずはアムス→ブリュッセル間におやつ(?)。
奥のビールはスキポールで買い込んだものw




たまたま外を見たら、フェイエノールトのスタジアムが!
機会があれば、オランダのサッカーも見てみたい。




こちら、「世界の車窓から」ベルギー編。
ベルギーにも、今度はゆっくり来てみたいな。




タリスがベルギーのブリュッセルに到着。
ホームに一瞬降り立ち、ベルギーに来た証拠をw




そしてブリュッセルを出た後に食事。




紙ナプキンもこだわりが。素敵だわ。




カフェのある車両。2等車の人とかはここで軽食を買うんだろうな。




タリスの印象としては、
・1等車でまったりできてよかった
・1等車に乗ってる人は、「出張です的なビジネスマン」か「ハイソな老夫婦」ばかりだった
・ビジネスマンは、iPadかノートパソコン率が高かった
・食事はぼちぼち
・お酒は言えばおかわりを持ってきてくれる
・サーブしてくれる人が皆男性(しかもイケメン)
・フランス語にモゴモゴしてると、「あ、英語なら大丈夫ですか?」と言ってくれて親切だった
・チラッと見た2号車は、普通の人が多かった

そんなカンジ。
ヨーロッパの陸路は、こういうカンジで電車で旅するのもいいね。
うふふ。

で、あっという間にパリに到着!おフランスざます!!
タリスの到着駅は、パリ北駅。




駅名とかフランス語だわ!全然わからない!!!




そうそう、シェンゲン協定国間の移動だからか、入国審査的なのは一切なし。
タリス車内で車掌さんに、タリスのチケットとパスポートをチラ見されたのみだった。
らくちん~~♪

オランダ、結局アンネの家とLayarにしか行けなかったけど、今度はもう少し暖かい時期にチューリップを見に来たいな。

さて、そろそろ眠いのでおフランス日記はまた別途。




次のエントリへ:2010.12.07 ヨーロッパ旅行6日目 後編 おフランス パリの夜
前のエントリへ:2010.12.06 ヨーロッパ旅行5日目 後編 アムステルダムの夜

全行程のインデックスはこちら




ご覧いただきありがとうございます♡ ぜひ定期購読もお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive